Admin New entry Up load All archives
     

ニューオリンズでジャズに酔う

かつてはバーボン・ストリートとセント・ピーター・ストリートの交差する道を歩けば、ジャズが自然と耳に入ってきたといいます。

でも今は、ガンガンとまくし立てるロックの音と、酔っぱらって大騒ぎする若い人たちの叫び声が鳴り響き、スプリング・ブレイク(学生の春休み)中のデイトナ・ビーチ(これって昔すぎ?)やメキシコのカンクーン状態なのが興ざめです。そんなのとてもじゃないけど私にはムリ。

でもですね、シックにジャズを楽しめる場所があるのです。

フレンチ・クオーターから北に延びるフレンチメン・ストリート(Frenchmen Street)。
R0011783_convert_20140708095438.jpg

先日紹介した映画「シェフ(Chef)」で、主人公のキャスパーが、フードトラックに乗ってニューオリンズにたどり着いたシーンが撮られたのがここです。

↓ このあやしげな(笑)日本語の看板が映画のシーンにも出てきます。
R0011781_convert_20140708095422.jpg

ちなみにこの看板は、フレンチメン・ストリートにある日本食料理屋さんの看板です。

私は映画「シェフ(Chef)」を観ていた時、この看板を目にして、”フレンチメン・ストリートだ!”ってAl君に言ったら、すぐその後で主人公が”ここはフレンチメン・ストリートだ”って映画の中で言っていて、ほらね!と嬉しく思いました(笑)。
R0011847_convert_20140708095845.jpg

このストリートの、ほんの3~4ブロックの間に、たくさんのジャズ・バーが点在しています。
R0011830_convert_20140708095703.jpg

ほとんどのジャズ・バーは、ドアが開けっ放しだったり、窓越しに演奏していたりするので、外からでもジャズを聴いたり覗き見ることができるくらい。
R0011823_convert_20140708095619.jpg

で、気に入ったらふらりと中に入ってジャズを聴く、なんてことができます。

店によってカバーチャージがあったり、なかったり。

私がふらりと入った店は、カバーチャージがなく、ビールがなんと一杯$5!!
R0011817_convert_20140708095601.jpg

たった$5のビールを飲みながら、ジャズが好きなだけ聴けるのです。
R0011806_convert_20140708095505.jpg

フロアには、男女がジャズに合わせてクルクルと回りながら踊っています。
R0011814_convert_20140708095524.jpg

フレンチメン・ストリートに出ると、地元のアーティストたちが作品を販売する出店がありました。
R0011827_convert_20140708095638.jpg

とってもくつろげる、
R0011834_convert_20140708095722.jpg

心地のよい
R0011837_convert_20140708095744.jpg

空間でした。
R0011841_convert_20140708095805.jpg

時間があったら、いろんなジャズ・バーをはしごして、ジャズに酔いしれたかったです。
R0011844_convert_20140708095825.jpg

ニューオリンズに行ったら、是非夜に”フレンチメン・ストリート”を散策して、ニューオリンズ・ジャズを楽しんでください。
R0011851_convert_20140708095908.jpg


さてさて、ニューオリンズ・ジャズというと、代名詞なのが”プリザベーション・ホール(Preservation Hall)。

創業1961年。
R0011967_convert_20140708104455.jpg

実は私は”プリザベーション・ホール”に行ったことがなく、今回ようやくデビューを飾りました(笑)。

ホールは50人も入ったらいっぱいの、倉庫のような掘っ建て小屋。

入場料は$15(確か)で、私が行ったときは、8時、9時、10時と3つのセッションをやっていました。

演奏中は撮影禁止なので写真はありませんが、黒人の男性2人、白人の男性2人、若い白人の女の子が2人のセッションでした。
R0011972_convert_20140708104516.jpg

最近のプリザベーション・ホールは、日によって演奏がよかったり、悪かったりするそうで、運によるみたいなのですが、残念ながら私の見たセッションはイマイチでした。。。 (フレンチメン・ストリートで聴いたジャズのほうがずっとよかったです)

でも、あの空間に座ってジャズを聴けた、という体験は、やっぱり何物にもかえられず、壁に、床に、ホールの空間に染みついたジャズの魂を、肌から、空気から感じました。

Preservation Hall
726 St Peter St,
New Orleans, LA 70116
(504) 522-2841

********************

ランキングに参加しています。。ポチッを押していただくと嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

     

ニューオリンズ - おいしいもの編(その2)

ニューオリンズ料理といえば、クレオール料理とケイジャン料理があげられます。

ん、でも、クレオール料理とケイジャン料理ってどんな料理?と言われると説明するのはちょっと難しい。

というのは、この違いを語るには、この地の歴史が切っても切り離せないから。

~~~~~~~~~~~~

17世紀のはじめ、フランス人の入植者がニューオリンズにやってきました。環境はかなり厳しいものだったものの、魚介類は豊富で、しかも先住民族がもたらすスパイスが加わり、独特な料理が育まれました。

1763年にスペイン領となり、カイエンペパーやサフラン、コメ料理が伝わりました。

その後18世紀末のフランス革命時にフランス本土やカリブ海からフランス人がこの地にやってきて、この土地の食材にブイヤベースやコンソメなどを加え、さらにカリブ海からフランス人上流階級と共にやってきた黒人奴隷たちのスパイスのきいたアフリカ料理のエッセンスなども加わり、フランス、スペイン、アフリカ、アメリカ先住民族の味がミックスされて、貴族的な調理法で磨かれたのが、クレオール料理。

一方、ケイジャン料理は、17世紀初頭にフランスからカナダ東部のアケイディア(現在のノバスコシア)に入植したカトリック教徒の農民たちが、18世紀半ばにイギリス領になったため追放され、たどり着いたのがニューオリンズで、そこでフランス風田舎料理を育んだもの。

とはいえ、この二つの料理は明確な区別をつけることはとても難しい。

強いて言うなら、クレオール料理はフランスやスペインの流れをくんでいて、植民地時代の支配階級のお料理。バターやコンソメ、ルーなどを加え、地元の食材やスパイスを使って高級フランス料理の手法で調理したもの。

ケイジャン料理は、労働者の料理、もしくはフランス風田舎料理といったところ。小麦粉とオイルを煮詰めたブラウンソースがベースで、効果なスパイスやハーブの代わりに唐辛子を使ったスパイシーさが特徴。

ってところでしょうか。

ところで、クレオール料理とケイジャン料理の素材は、エビ、オイスター、ソフトシェルクラブ、ナマズ、ザリガニ、カメなど魚介類が豊富に使われ、そしてお米もよく使われます。

~~~~~~~~~~~~

さてさて、ウンチクはこの辺までにして、”ニューオリンズのおいしいもの編”の続きです。

後でもう一度この辺の話は書きますが、フレンチクォーターからちょっとはずれたところにある”フレンチマン・ストリート”にあるお店。
R0011801_convert_20140703093018.jpg

ここは雰囲気といい、ウエイターさんのサービスといい、カジュアルで気さくなんだけど、とっても素敵なお店でした。
R0011791_convert_20140703092511.jpg

私のテーブルをサーブしてくれたウエイトレスさん。
R0011797_convert_20140703092958.jpg

ここのウエイター、ウエイトレスさんは皆さん黒のパンツに白いシャツ、ハデなネクタイに、イキな帽子をかぶってカッコよくきめています。

コーンブレッド。
R0011785_convert_20140703092425.jpg

トウモロコシをひいた粉を使って焼いたパン。ちょっと水分が少なくてボソボソとしているのですが、ほんのりとした甘味があって、噛めば噛むほど口の中においしさが広がるお味です。

Stuffed Crab Plate カニの身がギッシリと詰まったカニの甲羅揚げのようなもの。
R0011789_convert_20140703092445.jpg

カニの身がこれでもか~っ、てくらいギューギューに詰まってました♡ 付け合わせはMac and Cheese(マカロニチーズ)とカラードグリーン。

こちらはこのお店の名物ミートローフ。
R0011793_convert_20140703092532.jpg

ここのミートローフはニューオリンズ料理らしく、スパイスがピリリときいて、ピリ辛。そのピリ辛さが刺激的で、ついつい箸が(フォークが)すすみます。

今回のニューオリンズでは、個人的にここのレストランが一番気に入りました。


この他にも魚介類(揚げたのが多い)がフランスパンにたっぷり詰まったサンドイッチ”ポーボーイ”、魚介類やチキンなどが入ったスープ”ガンボ”、手のひらほどのでかいサイズの”オイスター(生ガキ)”、オイスターにミンチした野菜をバターやソースで調理しパン粉とパルメザンチーズをのせて焼いた”オイスター・ロックフェラー”、カメの身の入った”タートル・スープ”、そうそう、ケイジャンのスパイスがきいた”スペアリブ”も捨てがたい。

...と今回紹介しきれなかったほど、この土地の食べ物はたっくさんあります。

折角この地に行くのであれば、最低3泊は必要かも。でないと食べたいものが食べきれません。それほどおいしいもの満載なのがニューオリンズです(笑)。


ニューオリンズで有名なカクテルというと、ラムベースの甘いカクテル”ハリケーン”があります。

が、甘いお酒は好きでないので、今回はパスしたのですが...

バーボンストリートと並行しているロイヤルストリートにある老舗ホテル、「ホテル・モンテレオーネ」。
R0011976_convert_20140706110058.jpg

このホテルの中には「メリーゴーランド」をそっくりそのまま店内に持ってきたバーがあります。
R0011857_convert_20140706110009.jpg

写真ではちょっとわかりずらいかもしれませんが、テーブルカウンターがぐるぐる回り、聞いたところ15分で一回転するのだそうです。

そこでスッキリさわやかなカクテルを1杯飲みました。
R0011865_convert_20140706110034.jpg

蒸し暑い夜に、スッキリと爽やかなのど越しのカクテル♡ 大人の夜にピッタリな一杯でした。


The Praline Connection
542 Frenchmen St,
New Orleans, LA 70116
(504) 943-3934

Carousel Bar & Lounge
(Montereone Hotel内)
214 Royal St, New Orleans, LA 70130
(504) 523-3341

********************

独立記念日の連休ただ中。昨日は一日ゆっくりしたのでかなり元気になりました。ポチッを押していただくともっと元気になります(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

     

ニューオリンズ - おいしいもの編(その1)

アメリカって、日本のようなご当地もの、その土地で食べられるおいしいもの、っていうのが極端に少ない。

でもニューオリンズは別。

ニューオリンズでは、フランス、スペイン、アフリカ、アメリカ先住民の食文化がミックスされ、個性的で独自の料理がはぐくまれました。

そんなお料理の一部を紹介したいと思います。

**********

まずニューオリンズに行ったらMUST GO、MUST EAT(絶対に行って、絶対に食べなきゃいけない)代名詞とされているのがココ。

カフェ・デュ・モンド(Cafe Du Monde)
R0011617_convert_20140703091923.jpg

朝かなり早めに行ったのに、ほぼ満席。席を立つ頃にはすでに外に並んでいる、というほど大賑わい。
R0011619_convert_20140703091947.jpg

ここで有名なのは、チコリコーヒーと四角いドーナツのベニエ。(この日は暑かったのでアイスコーヒーでいただきました♪)
R0011624_convert_20140703092008.jpg

かつてコーヒーが高級品だった頃。この地方に自生するチコリ(キクニガナ)の根を煎って大麦に混ぜるとコーヒーのような味がしたことから、コーヒーの代替品として親しまれたのがはじまり。

その後南米からコーヒーが入ってくるようになってからもチコリの苦い味に慣れ親しんだ人たちには物足りず、南北戦争中にコーヒーが不足気味になった時、コーヒーにチコリを混ぜたところから、ニューオリンズのチコリ・コーヒーが誕生したそうです。

そのチコリ・コーヒーのおともは粉砂糖がたっぷりとかかった四角いドーナツ”ベニエ”。

揚げたてあっつあつの”ベニエ”は中がふんわりしっとりしています。

**********

ホテルのコンシェルジェに、フレンチクォーターで、予約なしで、ふらりと入れるニューオリンズ料理のおいしいレストラン、として教えてもらったのがこのお店。
R0011601_convert_20140703092039.jpg

中は3階ほどまであって、とっても大きなレストランでした。
R0011612_convert_20140703092129.jpg

私が頼んだのは”Taste of New Orleans”
R0011605_convert_20140703092057.jpg

ニューオリンズを代表する料理(手前から右回りに)”レッド・ビーンズ&ライス””スモークド・ソーセージ””クロウフィッシュ・エテュフェ””ジャンバラヤ”の4種が一度にいただけるというもの♡

”レッドビーンズ&ライス”はその名の通りレッドビーンズの煮込み。ライスと一緒にいただきます。

ニューオリンズでいただく”ソーセージ”はアリゲーター(ワニ)のソーセージが一般的。香辛料がいっぱい使われているため味は辛目です。

”クロウフィッシュ・エテュフェ”のクロウフィッシュとはザリガニのこと。ザリガニはニューオリンズ料理によく使われる食材です。エビの小っちゃい版で、味はエビよりちょっと濃いフレーバフルな味がします。”クロウフィッシュ・エテュフェ”はとろみのある南部版の濃厚なシチューって感じのお料理で、こちらもライスと一緒にいただきます。

”ジャンバラヤ”って何かは知らなくても、カーペンターズの曲でおなじみの人はいるかも。(えっ。古すぎてわからない?っていうか、カーペンターズも知らない?) ”ジャンバラヤ”はニューオリンズ風パエリアのようなもの。シーフードや野菜が入った炊き込みご飯で、サフランの代わりに唐辛子を使うことが多く、ちょっとピリ辛です。

今回の滞在で気が付いたのですが、最近ニューオリンズのレストランではこの”Taste of New Orleans”スタイルが主流みたいです。

一皿でたくさんのニューオリンズ料理を堪能できるメニューがどのレストランにも結構ありました。今までは、今日は、ジャンバラヤ、今日はエテュフェ、と一日一皿しか食べられないことにジレンマを感じていたのですが(爆)、こんなメニューができたおかげで一度でたくさんの味が楽しめます。私のような欲ばり派にとっては嬉しい限り♪

こちらはご一緒した方がいただいたレッドフィッシュ。
R0011609_convert_20140703092114.jpg

クロウフィッシュのクリームソースががかった一品です。

**********

このレストランは、シーフードがおいしいレストランとして紹介されたレストラン。

創業50周年という老舗レストラン。予約をとらないレストランなのですが、入り口ではテーブルを待つお客さんであふれかえっていました。
R0011955_convert_20140703092343.jpg

これは私のいただいた”クロウフィッシュ・カルテット(Crawfish Quartet)
R0011950_convert_20140703092205.jpg

クロウフィッシュ(ザリガニ)が4つの料理法でいただける、というもの。きゃ~っ。

左からクロウフィッシュのグラタン、クロウフィッシュをミンチして揚げたもの、その陰に隠れていますがクロウフィッシュのフライ、右がクロウフィッシュ・エテュフェ。そしててんこ盛りのフレンチ・フライ(フライド・ポテト)。

さすがの私も揚げ物ばっかりで半分も食べれれませんでしたが、心置きなくザリガニを堪能いたしました♪

ちなみにこちらはスタッフド・シュリンプ。
R0011952_convert_20140703092237.jpg

エビにカニの身をどっちゃりと詰めて揚げたもの。

こちらはフライド・キャット・フィッシュ。
R0011954_convert_20140703092326.jpg

キャット・フィッシュとはナマズのこと。

どうも日本人はナマズというと泥臭いというイメージを持つようですが、淡泊な白身魚で臭みは感じません。南部ではよく食べるお魚です。

**********

うっひょ~っ。

今日はサクサクッとニューオリンズのお料理について書くつもりが、なんか長くなっちゃいました。

なので続きは次回に。

Cafe Du Monde
800 Decatur Street
New Orleans, LA 70116
Tel: 504-525-4544

Oceana Grill
739 Conti St,
New Orleans, LA 70130
(504) 525-6002

Deanie's Seafood
841 Iberville Street
New Orleans, LA 70112
(504)-581-1316

********************

体が疲れていた、と思ったら、もしかして胃も疲れていたのかも(笑)。ポチッを押していただくと元気がでます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

     

ニューオリンズ - 街並み編

先日ニューオリンズに行ってきました。

仕事だったので外を歩く時間や自由な時間がほとんどなくかったのですが、スポットで出来たホンの少しの時間を利用して、ダッシュで街歩きした時の写真をアップします(笑)。(たまに、ここまでしなくてもいいのにね~、と自分で突っ込みをしたくなります)

ニューオリンズの中心地区、フレンチクォーター。

こ~んなバルコニー付きの家が多いのが特徴。
R0011614_convert_20140701101726.jpg

バルコニーによっては植物をたくさん置いて、緑あふれる空間をつくっていたり。とっても素敵です。
R0011639_convert_20140701101955.jpg

こんな素敵なバルコニーですが、夜のバーボンストリートは要注意。バルコニーに繰り出した人々が、歩行者めがけてビーズを投げたり叫んだり。酔っぱらった女の子がトップレスになったり。ものすごい喧噪になります。
R0011648_convert_20140701102039.jpg

街中にアートがあふれる街、ニューオリンズ。
R0011626_convert_20140701101754.jpg

街歩きをすると、至るところにかわいい彫刻が見られます。
R0011627_convert_20140701101813.jpg

彫刻だけじゃなく、ストリートミュージシャンもいっぱい。
R0011628_convert_20140701101830.jpg

R0011629_convert_20140701101850.jpg

ジャクソンスクエアの周辺にはローカルアーティストのベンダーが所狭しと並んでいます。
R0011644_convert_20140701102020.jpg

場所柄か、飾られているアートは原色を使った華やかなものが多く、観ているだけでとっても楽しいです。
R0011651_convert_20140701104153.jpg

フレンチ・クオーターの中心地にある公園、ジャクソン・スクエア。バックに見えるのはセント・ルイス大聖堂。
R0011637_convert_20140701101935.jpg

ジャクソン・スクエアの名前の由来は第7代アメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソンにちなんだもの。
R0011634_convert_20140701101915.jpg

南部では人気で英雄扱いされる彼ですが、先住民族の人々にとっては残虐王であったジャクソン。この銅像を見るとちょっとちょっと複雑な気持ちになります。

フレンチ・クオーターって意外と小さいのですが、見どころ満載。素敵なアンティークのお店や、ローカルのクラフトショップなど、ゆっくり見たかったな~。

********************

週末もお出かけ続きで疲れが抜けないSakuraです。ポチッを押していただくと元気がでます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR