Admin New entry Up load All archives
     

映画 「ヒューゴの不思議な発明」

先日アカデミー賞のノミネート作品発表で、11部門の最多ノミネートされた「ヒューゴの不思議な発明(原題: Hugo)」。

ブライアン・セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」が原作。これを巨匠マーティン・スコセッシが監督。タクシードライバー、レイジングブルをはじめ、ディパーテットなどハードボイルドな作品の多い彼が、3Dのファンタジー映画をどのように創るのかが楽しみであった。先日のゴールデン・グローブでは、この作品で監督賞を受賞している。


時代は1930年代のパリ。

ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は父親(ジュード・ロウ)から時計をはじめとするぜんまい仕掛けの機械を作ったり、修理したりすることを学びながら、幸せな日々を過ごしていた。ある時父親は、美術館から壊れた機械人形を持ち帰る。これを二人で毎日少しづつ修理し、どんな動きをするのかを見るのを楽しみにしていた。
Hugo 3-1

ところがある日、父親は火事に巻き込まれ死んでしまう。

飲んだくれの叔父に引き取られたヒューゴは、機械人形を抱きしめ、叔父の住む場所へと連れて行かれる。彼の住処はパリ駅。彼はここで時計台のネジ巻きの仕事をしていた。

その叔父も突然姿を消してしまう。

1人残されたヒューゴは、時計台に住み着き時計台のネジ巻きの仕事を続ける。駅にはインスペクターが孤児を捕まえようとウロウロしている。彼は1人でも多くの孤児を孤児院に入れようと毎日目を光らせているのだ。彼に見つからぬよう用心しながら、ヒューゴはたくましく暮らしていた。
Hugo 4-1

彼は父が残した機械人形をどうしても直して動かしたかった。だからここを離れるわけにはいかなかったのだ。
Hugo 1-1

ヒューゴは機械人形を直すためのパーツを探し、駅内にあるおもちゃ屋からねずみのおもちゃを盗もうとするも、あっけなく見つかってしまう。彼の行為に怒ったおもちゃ屋のおやじ、ジョルジェ・メリエス(ベン・キングズレー)は、ヒューゴが大切にしていた機械人形に関するノートをとり上げる。

どうしてもノートを取り返したいヒューゴはおもちゃ屋のおやじの家まで彼の後を追う。そこで、おやじジョルジェの家に住む少女イザベル(クロエ・モレッツ)と出会う。

実は少女イザベルは、機械人形に必要だった”ハートのカギ”を持っていた。

機械人形が少しづつ修理されるとともに、機械人形の持っていた秘密のベールがはがれていく...。
Hugo 5-1


(ここから先はちょっとネタばれをほのめかような内容になっちゃいます...)

この映画には、スコセッシ監督の映画に対する深い愛情がたっぷりと込められていた。

無声映画時代の、夢とファンタジーがぎっしりと詰まった映画たち。月にミサイルが打ち込まれる”A Trip to the Moon"を、子供の頃ワクワクしたながら見たと語る父に、ヒューゴはどんな映画であったんだろうと、心を躍らせる。

科学や技術が発展してしまった近代、こういう夢物語は随分と長いこと流行らなかった。そしてこのような映画は古臭い、とずっと忘れ去られてしまっていた。

でも映画の中の白黒映画を今見ていると、心が浮き立つような躍動感を感じる。
Hugo 2-1


また、ヒューゴが映画の中で言う言葉が心に深く残った。

「機械には全てのパーツが揃って成り立っている。どれ一つとして不要なものはないし、必要以上のものもない。ボクは人間もそうなのかなぁ、って思うんだ。この世にいる人たちは皆必要なんだって。」

世の中の人々は、不要な人はいないし、必要以上の人もいない...


この映画は、子供向けのファンタジー映画と位置づけられがちだが、私達が失いつつあった夢や想像力、創造力をかき立て、ミステリーをときながら、長年修理されることのなかった人生と心の修理の旅を一緒に歩む、大人も楽しめるファンタジー映画だ。

人間の暗い部分を描いてきたスコセッシだからこそ描ける、人間の本質を描く深い人間ドラマ。この映画を通して、スコセッシ監督の持つ、夢とロマンと、映画への愛と、人間愛を垣間見て、彼の心に少し触れた感じが、した。

************************************************

クリック募金をしています。1回クリックするだけで1円募金ができます。

JWordクリック募金


こちらもクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキングへ



テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR