Admin New entry Up load All archives
     

パレンケの遺跡 (その2)

十字グループエリアを後にした私たちは、さらに南へ行ってみることにしました。


ここからは鬱蒼としたジャングルになります。


IMG_7836.jpg


戦士の神殿。

IMG_7833.jpg 

この石垣の苔の感じがなかなかステキ♪
IMG_7837.jpg

神殿を登ると中にこんなレリーフが。
IMG_7841.jpg

さらに神殿を登ると神殿14号。
IMG_7845.jpg

石段を登ります。アンコールワットみたく巨大な木が奇跡の石段からにょっきりと生えています。
IMG_7847.jpg

石段の上にはこんな立派なレリーフが。(レプリカです)
IMG_7849.jpg

このエリアはジャングルの中を歩くのですが、人が少なく個人的にはとても好きでした。

さて、今度は宮殿を横切り北側を散策です。

球戯場。へっ?っていうくらい小さい。
IMG_7880.jpg

この先をグングンいくと、滝があります。涼やかな音をたてて、こうこうと水が流れています。
IMG_7888.jpg

この辺りはコンプレックスBと呼ばれるエリア。

涼やかな滝の脇にはこんな遺跡が。
IMG_7919.jpg

このエリアは紀元後770年から850年頃の住居跡なのだそう。滝があって涼やかだし、水源のすぐ脇だし、きっと住むには快適だったのだと思います。
IMG_7920.jpg

IMG_7929.jpg

さらに先に進むと吊り橋があり、こんな美しい滝が。
IMG_7952.jpg

水の透明度がすごい。
IMG_7939.jpg

あ~、この滝に打たれたい
IMG_7958.jpg

このエリアもよかったな~。
IMG_7964.jpg

立派な大きな木がたくさん生えていました。
IMG_7976.jpg

さて、このコンプレックスBを抜けたところにパレンケの遺跡の別の入場口がありました。そこを出てすぐのところに博物館があったので行ってみました。

いきなり鳥人です。(太陽神をモチーフにしているそうです)
IMG_7985.jpg

碑文。
IMG_7987.jpg

美しいレリーフ。
IMG_7989.jpg

圧倒されるようなマスクたち。(儀式にのぞむ男性をかたどったと思われる粘土の肖像)
IMG_3478.jpg

IMG_3479.jpg

宮殿を再現するとこんな感じになるそうです。なんと壮麗なのでしょう。
IMG_8015.jpg

IMG_8019.jpg

さて、この博物館の一番の見どころはパカル王の墓室から発見された石棺。この石棺の上に描かれたレリーフは宇宙が描かれていました。
IMG_3467.jpg

今ググってみたら、こんないい図を見つけました♪ 石棺の上に描かれている図はこんな意味を持つそうです。
palenque4.jpg 

これは「死者の世界である地下と、神々と先祖のいる天井、その中間である我々人間のいる地上」という3つの平行した世界を描いているのだそう。

ところでこの石棺を横にしてみた場合、古代の宇宙飛行士と思われる人物が前傾姿勢でロケットを操縦している姿に見えるとされ、パレンケ王の宇宙人説もあるそうです。

博物館にあった石棺。
IMG_3469.jpg

石棺のまわりにはたくさんの美しいレリーフが描かれていました。
IMG_3471.jpg

また石棺の中に入っていたヒスイの仮面(レプリカ)
IMG_3476.jpg

博物館を一通りぐるっと見学し、パレンケの遺跡を堪能した私たち。

さ~て、もとの遺跡の入り口に戻ろうか~、と思ったのですが、最初の入り口に戻るには、遺跡に入りコンプレックスBに戻り、途方もないくらいの急な階段を登るか、遺跡の外の道路をこれまた急な長い坂道を延々と歩くか、という2拓しかないことがわかりました。

この時点でかなり疲れていて、おなかも減ってきています。

ここでこの2拓とは罰ゲームでしかないっ ってか、そんなにもう歩けないっ

ヒザが悪いAL君は階段を登るのはムリだといい、仕方がないので道路をテクテク歩く選択を取ったのですが、20mも歩いたところで足がくたくた。水もほとんど残っていないしどうしよう、と思ったとき、すう~っ、とバンが止まりました。

どうやらお金を払えば遺跡のもとの入り口に連れて行ってくれるよう。
もう、このバンの運転手が救世主としかみえないっ

このおかげで倒れることなく、無事にもとの遺跡の入り口に辿り着くことが出来ました。

最後、もう一度パレンケの遺跡に入り、碑文の神殿のところまで行き、生命の樹の下でごろんと 瞑想をし、
IMG_8028.jpg

壮大なパレンケの遺跡にお礼と別れを告げたのでした。
IMG_8031.jpg

<おまけ>

この日の午後は、遅いお昼を食べた後、プールサイドでまったり。

その後、ホテルの敷地内の散策をしました。

マヤの聖なる木、CEIBA。
IMG_8055.jpg

コッテージの隣にこんなのが。これもマヤの遺跡なのでしょうか。それともマヤの遺跡もどき?
IMG_8061.jpg

敷地内は広く、
IMG_8087.jpg

いい感じにジャングル感が感じられます。

二つの木がもたれあい寄り添う”The Lovers(恋人たち)"と名付けられた木。
IMG_8084.jpg

ここのロッジ、本当に気に入りました。
IMG_8092.jpg

<おまけ 2>
この日のベッドメーキング。白鳥が優雅に泳いでいるさま。このオシャレな遊び心が好きです。
IMG_8094.jpg

Hotel: Chan-Kah Resort Village

************************************** 
*ツイッターをはじめました♪ 
ふぉろーみー @SakuraChanNY

*ランキングに参加しています。ポチポチッと押していただくと嬉しいです♪

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

人気ブログランキングへ

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR