Admin New entry Up load All archives
     

シャガール 「愛、戦争、そして亡命」展

大好きな画家マルク・シャガールの特別展を観に行ってきました。

タイトルは「愛、戦争、そして亡命(Chagall: Love, War, and Exile)」。

この特別展では1930年代から1948年までの期間に制作された作品を展示しています。

ユダヤ人であったシャガールは、ロシア革命後フランスに移住しますが、その後ナチスの迫害を受けて1941年にアメリカに亡命します。第二次世界大戦後、最愛の妻ベラを亡くしたシャガールは1947年にパリへ戻ります。そして再婚...。

シャガールが奥さんと結婚し、愛の喜びで満たされていた時期から、戦争勃発、亡命、奥さんの死、移住、新たな出会い、という、怒涛の時代に焦点を当てた特別展です。
(館内は撮影禁止でしたので、写真はサイトからお借りしたものです)


初期の作品はベラとの結婚した頃でもあり、幻想的でロマンチックでラブラブな作品が見られ、
Chagall 10

またキュビズムの影響も見られます。
Chagall 6

が、第二次世界大戦中になると、戦争に対する苦悩が深く刻まれています。
Chagall 4

この頃、キリストの絵も描いているのですが、キリストの受難を自分やユダヤ人の受難に重ねて描いています。
Chagall 8

最愛の奥さんを失った頃の作品は、深い悲しみに包まれ、
Chagall 5

Chagall 9

そして新しい出会いと再婚...。
Chagall 1

Chagall 2

作品それぞれに、その時シャガールが直面していた出来事が絵に表現されていて、とても興味深いものがありました。

シャガールを観ていて思ったのは、この人って私たちの見えていないものが見えているんじゃないの?ってこと。

天使が描かれているのはもちろん、

人が魂のようにふわふわと浮かんで描かれていたり...。

時計がよくモチーフで出てくるのですが、時間、過去、現在、未来が同時に存在することを示唆するような絵があったり。

普通の人が見えない魂が彼には見えていて、それを絵にしているとしか思えないようなものがいっぱい。

描かれているものが、スピ系の概念と重ねると、とても理解しやすかったり。

とってもスピリチャルな絵なんですよね。

この人、上と繋がって絵を描いていたのかも。

なんてことを、今回感じながらシャガールの絵を堪能しました。

********************

ランキングに参加しています。 ポチッ、ポチッ、と押していただくと励みになりま~す。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

そうですね~。シャガールの絵は独特で印象が強いですよね~。

おっしゃるように、言葉の代わりに彼が感じていることを絵にして表現していたのですね。それがああいう絵として描かれたのは、ちょっと違った感性を持っていたのか、同じものを見ていても、彼には違ったように見えていたのか、わたしたちに見えていないものまで見えていたのか...。

ところでユダヤ人はドイツ人を今も恨んでいるのか?という質問ですが、難しい質問ですね。

これは私の回りに入るユダヤ人の友人たち通した私なりの考えですが、私達より若い世代の人は、過去の出来事に対しては、深い悲しみを感じています。でもドイツ人という人種に向けて恨みを持つ、というよりは、過去に起こった事実に対して、悲しみや怒りは感じていますが、二度とこのような悲劇を繰り返さない、というの思いを皆共通して持っているように感じます。

でも私世代の友人のおじいちゃん、おばあちゃん達はホロコースト体験者とかが多く、許せないと感情を持っている人は多いかも。生きるか死ぬか、身近な人々を亡くした経験をした人たちにとっては癒すことのできない心の傷なんだと思います。ユダヤ人の友人がドイツ人の男性と恋に落ちた時、おばあちゃんには言えない、って言っていました。(でもちゃんと付き合ってからは家族にも伝え、受け入れられていたようですが)


> 前回もお話ししたように、韓国や朝鮮が日本人に厳しい非難を毎日のようにあるんですが。
> 韓国の人達の発言には驚く事が多く、もちろん日本人のした事は許されるものではないかと思うんですが。。。
>
> ユタヤ人がドイツ人を韓国人が日本人を言うように言うのかなと。。。
> なんだかおかしな質問ですみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 有難うございました!

うわ~っ。メリーランドカフェさんからコメントいただくとは嬉しいですi-185

シャガール展に行かれたのですね!! こんなステキな特別展に足を運ぶかたがいいな~、と思って書いたので、私もとても嬉しいです。

> 特に初期の花の2枚の絵が好きでしたが、他の絵も非常に興味深かったです。
私もまず初期の花の絵にノックアウトされました!!愛がい~っぱいつまっている感じのする絵ですよね。観ていてほんわりと幸せな気持ちにさせてくれる絵でした。

今回の特別展を観て、時代時代で絵の内容が変わっていくのを時系列を追って観て行くことで、怒涛の時代に生きたシャガールの境遇について考えさせられたし、アートというのはその時の作者の心持がストレートに現れるものだ、というのを改めて感じました。

メリーランドカフェさんこそ、いつも素敵な文章で映画や日々のことを綴っていらっしゃって、あ~、私もこんな文章が書けたらいいのに~、なんて思いながらブログを読ませていただいています。

ものすごく寒くなりましたが、どうぞお体にはお気をつけて。

メリーランドカフェさんも良いサンクすぎヴィングをお過ごしください!!

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR