Admin New entry Up load All archives
     

映画 「アメリカン・ハッスル」

ゴールデングローブで、「それでも夜が明ける(12 Years a Slave)」とともに最多ノミネートされている、「アメリカン・ハッスル」。

American Hastle 2

監督は「ザ・ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデビッド・O・ラッセル。彼の描く作品は、濃いキャラクターが盛りだくさんで、彼らが巧妙に折り重なって作り出される絶妙なハーモニーのヒューマン・ドラマが多いのだけど、今回の作品もしかり。

今回の作品に登場する人物もアクの強いキャラぞろいなのだけど、それを演じる人たちが豪華。
American Hastle 1

↑ 左から、クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ジェニファーローレンス。

このうちジェレミー・レナー以外の4人は、ラッセル監督作品で、オスカー受賞もしくはノミネートされている。さらにちょい役でロバート・デニーロが加わります。(彼も「世界にひとつのプレイブック」に出ています)

これがですね~、み~んなこれ以上ない!ってくらい、見事にはまり役!!


ストーリーは...

詐欺師のアーヴィング・ローゼンフェルド(クリスチャン・ベイル)は、数店舗をかかえるドライクリーニングの経営者。 表向きのビジネスはそうなのだけど、実は裏ビジネスで絵画の詐欺をしていて、それが彼の稼ぎの種。

ある日真冬のプールパーティでシドニー(エイミー・アダムス)と出会い、プライベートだけでなく、ビジネスのパートナーとしても欠かせない深い仲となる。が、彼には妻のロサリン(ジェニファー・ローレンス)がいて、彼女は離婚に応じない。

アーヴィングはいつものように詐欺をしようとしていたところ、FBI捜査官リッチー・ディマーソ(ブラッドリー・クーパー)に押さえられる。リッチーはアーヴィングに罪を免れるかわりにFBIに協力することをもちかける。

FBIは、アトランティックシティのカジノ利権に絡む政治家たちの汚職を暴こうとしていた。気が乗らないものの、自分たちを救うため、FBIに協力することにしたアーヴィングとシドニー。

ところが作戦を展開していくうちにコトが段々と大きくなり、アメリカを揺るがす大スキャンダル、アブスキャム事件へと発展していく……。


この映画、ストーリー展開が早く、話がどこへ進んでいくのか全く見えず、はじめっからグイグイと観客を引っ張っていきます。

シートベルトをしていないと振り落とされちゃうような、高いテンションとスピード感。そしてわき目をそらすことのできない、よくできた脚本。

それもさることながら、この作品を一つ上へ昇華させたのは、豪華なキャストたち。

もうね、一人ひとりの役作りと演技がスゴイのです!

アーヴィン役のクリスチャン・ベールは、役ごとに体を変えることで有名だけど、この作品でもそう。

American Hastle 9

「マシニスト(2004年)」では30キロほど落としてガリッガリに痩せたかと思うと、次の「バッドマン(2005年)」では筋肉モリモリのパーフェクト・ボディに。「ザ・ハンター(2010年)」のボクサー役では、減量だけでなく、髪の毛を抜いて、歯並びまでも変えた、という徹底振り。

今回の作品では、またまた増量で、見事な太鼓っぱらにトランスフォームしていました。
American Hastle 10

しかも薄毛役(これはスペシャルメーク)。冒頭の髪の毛のセットのシーンは見ものです。

そうかと思うと、いかれたFBI捜査官リッチー役のブラッドリー・クーパーは笑っちゃうほどのクルクル・パーマ。
American Hastle 3-1

政治家役のジェレミー・レナーはリーゼント。
American Hastle 11-1

70年代の髪型とファッションに身を包む、男性陣のいけてないぶりが面白すぎっ。

対する女性陣は胸の開いたドレスとか、
American Hastle 7

セクシー系。
American Hastle 12

最初出番が少ないと思われた、アーヴィンの妻ロザリン役のジェニファー・ローレンスは、前作「世界にひとつのプレイブック」並みの空気が読めない危ない?!女、で、このキャストの中でまったく引けをとらない存在感。


この作品、出演者がみんながそれぞれのキャラにはまって楽しんで作っている!って感じです。

これだけ役者が揃っていれば、必然的に各映画賞のノミネート数も多くなるのも納得。

揃いにそろったベストな配役の役者さんの演技をどっぷり楽しむ、そんな作品でした!!

********************

ランキングに参加しています。ポチッ、ポチッ、と押していただくと、励みになりま~す。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

そうなんです。一見ハチャメチャでタカがはずれちゃっているような人でも、ちゃんと気付きを持っていつでも軌道修正できるんですよね~。それが人間のすばらしいところ。

この映画は、プレイブックとはまた毛色が違うのですが、キャラクターはコテッコテに濃い人ばかりなので、それはそれでまた面白いです。

そちらは大晦日ですね。今年もお世話になりました。どうぞ良いお年をお迎えください!!

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR