Admin New entry Up load All archives
     

UK グラストンベリーの旅

さ~て、もう一ヶ月も経っちゃったけど、12月はじめに行ったショート・トリップについて書きたいと思います。

今回行ってきたのは、イギリスの「グラストンベリー」。

えっ?それどこ? って人のほうが多いんじゃないかって思います。実際私もまわりの反応もそうでしたし、私自身も「グラストンベリー」に行こう、と決めて調べ始めるまでここに何があるかもわかっていませんでした。

今回のきっかけもシャスタ。

シャスタ行きについて調べていた時、故アモラ・クァン・インのサイトで「地球上で太陽の神殿を収容する7つの霊的に重要な場所」と書かれていた場所のひとつがココだったのです。(前の記事はこちら

なので次回イギリスに立ち寄る時は「グラストンベリー」に行きたい!って思っていたのです。

ちなみにアモラ・クァン・インの言う、7つの霊的に重要な場所とはこちらです。

○シャスタ
○ハワイのキラウェア山
○中央オーストラリアのエアーズロックとよばれるウルルーの下
○カイロのギザの大ピラミッド
○グラストンベリーのThe Tor、(アバロンの跡地)

○メキシコのパレンケ
○ペルーのマチュピチュ

この7つの聖地は、地球の十三のチャクラ・システムの一部でもあるそうで、十三の残りの地球のチャクラの一部はこちらだそうです。

○チチカカ湖
○アラスカのデナリ山
○富士山
○バリのレイク・バトゥール

○南アフリカのテーブルマウンテン
○ギリシャのデルファイ

「グラストンベリー」に行きたい、と思っていたものの、それがどこにあるのか、そこに何があるのかもよくわかっていなかった私。しかもシャスタみたく、あまり資料がないのです。しかも調べる時間もすごく少なくて...。

でも、「グラストンベリー」は小さな街で、ロンドンからだと週末で十分みられそうで、見所は3つに絞れそうなことがわかりました。

そんな私のショート・トリップについて綴りたいと思います。

が、「グラストンベリー」について語る前に、ここに関する情報が少なかったので、まずは現時点で「グラストンベリー」に行くにあたって参考になる情報を記載しておこうと思います。

○グラストンベリーの行きかた

英語になりますが、このサイトが一番参考になりました。 "Glastonbury Online"

このサイトには飛行機での行きかた、電車とバスを乗り継いでいく行きかたが乗っているだけでなく、電車とバスの時刻表のサイトまでついています。

ちなみに私はロンドンから電車とバスを乗り継いで行きました。

この方法だとこんな感じでグラストンベリーまで行くことが出来ます。

1: ロンドンのPaddington駅からBristol Temple Meads駅まで電車で移動。
2013年12月時点で往復53.5ポンドでした。片道で買うより往復で買ったほうが安くなります。チケットは窓口で購入しました。(私のアメリカのクレジットカードは、マシーンでは使えませんでした)ちなみにロンドンのヒースロー空港からPaddington駅まではヒースロー・エクスプレスという電車が15分おき位で走っているので、ヒースロー空港に到着してその足でグラストンベリーまで行こう、と考えている方はこれに乗ると便利かも。でも25ポンドします。私は地下鉄でPaddington駅まで移動しました。時間はかかりますが、地下鉄だと5.5ポンドです。
Train.jpg
(電車はきれいで快適でした)

2: Bristol Tempmle Meads駅からは、"376"番のバスでグラストンベリーへ
2013年12月時点で片道6.60ポンドでした。バス停はBristol Temple Meads駅を出て最初の交差点のすぐ右側。駅のインフォメーションでバス停を聞くと丁寧に教えてくれますし、バス停には"376"番と出ていたのですぐわかりました。(このバス停は376番以外のバスも止まりますので要注意)

Bristol Temple Meads
(Bristol Temple Meads駅。写真に向かって左手にバス停がありました)

バスの切符は乗車時に購入します。途中「Wells」でバスの乗り換えがある場合もあるようです。Wellsでバスナンバーが”375”に変わるようですが、私の場合は運転手の入れ替えがあるだけで、バスはそのままでした。
Bus.jpg
(バスの様子。乗り口で運転手さんからチケットを購入します)

私は電車とバスの時刻表をそれぞれプリントしていったので、出発時間、到着時間もだいたいわかっていたので安心でした。曜日によって時刻表がかわるので(週日と土曜、日曜では時刻表がかわります)、移動日にあわせて時間を確認しておくといいと思います。

その他、バスだけでグラストンベリーに行く方法もあるようですが、時間帯が限られているので上記の方法が一般的かと思います。

○宿
グラストンベリーにはたくさんのBed & Breakfastがありました。値段の高いホテルはグラストンベリーの中心地から離れている場合が多いようにみうけられたので、Bed & Breakfastを利用するのもいいかも。ちなみに私が滞在したのは、こちらです。

Little Orchard

街の中心地からちょっと離れていましたが、私が今回の最大の目的としていたグラストンベリー・トールの丘の麓にあったので、私にとっては便利な場所でした。ちなみにこの辺にはたくさんのB&Bがありました。

このB&Bはシングルルームだとトール・ビューのお部屋が一つあるみたいです。私が泊まったのはツインのお部屋をシングルルームで使わせてもらいました。
Little Orchard 3

ダイニングルーム。
Little Orchard 2

朝食。
Little Orchard 1

ヒースロー空港から直接グラストンベリーへ移動したのですが、空港からグラストンベリーまで6時間弱かかりました。(ヒースローエクスプレスを使っていたらもっと早く移動できたと思います)

○グラストンベリーってどんなとこ?

グラストンベリーはイングランド南西部サマセット州の小さな町です。夏には大きなロック・フェスティバル「グラストンベリー・フェスティバル」が開催されるそうで、それで有名なようです。

が、ここはイギリス屈指のパワースポットでもあるそうです。

アーサー王の墓が発見されたという修道院があり、キリストの聖杯が隠されているといわれていたり、イギリスのどこかにあるとされている伝説の島アヴァロンがグラストンベリーではないかといわれていたり、はたまた地球のハートチャクラにあたる場所だとか。

*********

実際目にしたグラストンベリーは、イギリスの小さくて穏やかな田舎町で、ゆったりとした時の流れをしている、チャーミングな町でした。

グラストンベリーに到着してまず目に付いたのがユニコーン
Glastonbury 1

こんなハンサム君に出迎えられるとは、胸がトキメキました。

グラストンベリーの町はとても小さくて、端から端まで歩いても5分もかからないほど。
Glastonbury 2

そんなグラストンベリーで見たもの、感じたことを語っていきたいと思います!

********************

ランキングに参加しています。ポチッ、ポチッ、と押していただくと、励みになりま~す。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








関連記事

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

へへへっ。そうなのです。イギリスだったのです。
イギリスは私が滞在中も曇りが多かったですが、緑も多く(ニューヨークだと枯れ木枯れ草ばかりなのに、まだ紅葉が見かけられたり芝生が緑色してました)、ニューヨークに比べて暖かいんだなぁ、思いました。
特に今年は寒さが厳しいです。

これから数回にわたり、グラストンベリーについて書くので楽しみにしていてください!
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR