Admin New entry Up load All archives
     

チャリスの井戸

グラストンベリー・トーの次に向かったのは「チャリスの井戸(Chalice Well)」。
Chalice Well 1

「チャリスの井戸」は、グラストンベリー・トーの麓にあります。

入り口で入場料を払い、パンプレット&地図をもらいます。
Chalice Well 2

それを見ながら中を歩きます。
Chalice Well 3

ライオンズ・ヘッド(The Lion's Head)と呼ばれる水口。
Chalice Well 4

ここで汲んだお水は飲み水として飲むことができます。

私は入り口でチャリスの井戸のロゴが入った水筒を買っていたので、ここでお水を汲んで飲んでみました。
Chalice Well 5

鉄分がいっぱい含まれた、ちょっと錆っぽい味がしました。

さてさて、鉄分がたっぷり含まれた水、ってことで、上の写真を見てもわかるように、水が流れる場所が真っ赤に染まっています。

この「チャリスの井戸」は聖杯伝説にまつわる場所。

ここの水は「赤い水」「赤い泉」と呼ばれ、キリストの叔父アリアマテのヨセフが、キリストが最後の晩餐で使った聖杯に、キリストの血を注いで生めたという伝説があるそうです。

その他、ヒーリング・パワーを持つ生命の水としても知られるそうです。

このお水を今回一緒に来れなかったAL君にも飲ませてあげたかったので、この水筒にこの水をいれて持って帰りました。

こちらは天使の椅子(Angel Seat)と呼ばれる場所。
Chalice Well 6

もうね、私はこのエンジェルにハートを矢で射抜かれました
Chalice Well 7

なんて優しくて、ハートフルなお顔なんでしょう。
Chalice Well 8

もうここにいるだけで幸せで、平和を感じました。

後で知ったのですが、この天使の椅子に座っているとき、ジョン・レノンは天から曲が降りてきて「イマジン」を受け取ったのだとか。そうあっても納得するようなピースフルな場所でした。

さらに奥へ行くと、
Chalice Well 9

こんな場所があり、
Chalice Well 10

そのさらに奥に、チャリスの井戸(Well Head and Sanctuary)があります。
Chalice Well 11

井戸の扉には、二つの円が重なり合った「ヴェシカ・パイシーズ(Vesica Piscis/魚の器)」の形が象られています。

この形は古代からの聖なるシンボルで、天国と地上、精神世界と物質世界、意識と無意識、男性性と女性性など、
ユニオン(Union/結合)”を示しているのだそうです。

ここで瞑想している人たちがいました。
Chalice Well 12

さらにメドウ(Meadow)を通って、
Chalice Well 13

こんなかわいいブランコを見つけました。
Chalice Well 14

ブランコからは、グラストンベリー・トーが見えます。
Chalice Well 15

このブランコに乗って、グラストンベリー・トーを眺めていた時のこと。

目の前にかわいい鳥がやってきて、ピ~ヨロロ~♪♪♪ と私の前で歌い出しました。
Chalice Well 20

写真はその後にもう一度同じ鳥に出会った時に撮ったものなので地面の上にいますが、このときは、ほんとに目線の高さにいて、距離は50cmもない至近距離。

こんな目の前で鳥が鳴くなんて、ビックリ。本当に嬉しくって。ありがとう~~~、という気持ちでいっぱいでした。

こちらはKing Arther's Court(アーサー王の中庭) and Healing Pool(ヒーリング・プール)。
Chalice Well 16

水の流れの音が心地よい、マイナスイオンいっぱいの場所です。

Yew Trees-ドルイドやケルトの聖なる木
Chalice Well 17

Vesica Pool - 前出のヴェシカ・パイシーズのシンボルをかたどった池
Chalice Well 18

それほど大きな敷地ではないのですが、ピースフルなエネルギーがいっぱいの、素敵なガーデンでした。

次回来ることがあれば、暖かい季節に好きな本などを持って、一日のんびりとしたいものです。

<おまけ>

このチャリスの井戸のすぐ脇にあった、White Spring。ここにはローカルの人が水を汲みにやってきていました。
Chalice Well 19

実は前日の夕方ここを通ったとき、このスプリングのドアが開いていたのです。中はプールになっていて水がコンコンとわいて溢れていました。

そこにはマリア様の像と思われるものがあって、すっごくいい香の香がたかれ、ろうそくの火がゆらゆらとともされていて、その情景はこの世のものとは思えない幻想的な雰囲気がありました。

かなり薄暗かったのと、あまりに幻想的な光景だったので写真を撮る気にもならず、翌日日の光の中で撮ろう、と写真を撮らなかったのですが、日中に行ったらしまってました。今でもあの幻想的な光景が目に焼きついています。


********************

ランキングに参加しています。ポチッ、ポチッ、と押していただくと、励みになりま~す。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




関連記事

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

> エンジェルのお顔も日本人ぽく見えますが?!

わ~っ、言われて見直すと、確かに東洋人っぽいですね。仏像に出てくるような慈悲あるお顔というか...。言われるまで気付きませんでした。だから親近感を感じたのかもしれないですね(笑)。

NYの寒波、ハンパじゃありませんでした。昨日の朝はマイナス15℃。マンハッタンのビルの谷間風に吹かれると、体感温度はさらに低くなります。顔が冷たい、というより、痛かったです。でも今週末は10℃位に気温が上がるのだとか。体がついていけないです。

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR