Admin New entry Up load All archives
     

南ボリビアの旅 - 逆さ虹と新月の星

さ~て、旅の続きです。

~~~~~~~~~~~~~~

ランチの後、ストップしたのは奇岩が集まるスポット。
South Bolivia 2nd day 3

ここのエリアだけ、奇岩がニョキニョキと集まっています。

トリックアート☆
South Bolivia 2nd day 4

...別のグループのフランス人の男の子たちが、ヘンなポーズで写真を撮っています(笑)
South Bolivia 2nd day 5

...プラプラと写真を撮りながら奇岩の中を歩いていたら、なんとなく空が気になって上を見上げると...


South Bolivia 2nd day 6

しかも逆さまっ。
South Bolivia 2nd day 7

ここって周りは砂漠のような荒涼とした土地で、雨も降っていなかった...。

なのにくっきり、はっきり、虹ですか~? ここってシャスタじゃないのに~。
South Bolivia 2nd day 8

それもカメラでおさまりきれないほど、大~きな虹でした。
South Bolivia 2nd day 9

調べてみたところ、高さ6,000m~6,700mにあるうす雲を日光が通った場合に、逆さ虹が現れるのだとか。普通の虹とは違う仕組みで見ることができるのだそう。

でも「逆さ虹」で調べてみたところ、出てくるのは赤い色が下側(丁度コレをこのままカーブを逆向きにしたもの)の虹が多いように見受けられたのですが、私が見たのは赤が上の逆さ虹。
South Bolivia 2nd day 10

私たちが滞在中、ず~っとこの大きな虹がかかっていました。
South Bolivia 2nd day 11

こんな素敵な虹を、しかも変わった虹を、こんなところで見ることができたことに感謝の気持ちでいっぱいでした☆
South Bolivia 2nd day 12

次のストップはコロラダ湖。カラフルな湖という意味です。その名前の通り、湖が赤い色をしています。
South Bolivia 2nd day 13

この赤い色は藻の色なのだそう。で、フラミンゴ達が赤い色をしているのは、この藻を食べているからなのだとか。

...ここの湖には数え切れないほどのフラミンゴ達がいました。
South Bolivia 2nd day 14

その後、4時位にホテルにチェックイン。

この日の部屋は6人部屋のドミトリー。ええ。男女み~んな同じ部屋で就寝です。でももうビビりません(笑)

さて、5時頃だったかスナックの時間になりまして、皆で雑談をしながらお茶を飲んでいました。
South Bolivia 2nd day 23

しばらくして別のツアーグループの人たちがドヤドヤとやってきました。

隣のテーブルに座ったのは、前日同じホテルに泊まっていた別のグループの人たち。私たちはちょっと顔見知りでした。
でね、おしゃべりしていた私たちに、彼らの中のボス格の女の子が急に私たちに話を振ってきました。

”ね~、あなたたちのグループの平均年齢いくつ? あなたたち何歳なの~?”

で、一人ひとり年齢を聞いていくのです!みんな若いし、一応答えるんですね。私は一瞬どうしようかな~、と思ったんですが、誤魔化しても仕方ないし、なによりIHキネシの”オープンでない”っていう言葉が頭にちょっとチラついて...

ええ。言いましたよ。年齢。

そしたらみんな固まりました

私が一番近い年齢だと思っていたアイルランド人の男性なんて、”えっ、えっ。きっ、君の年齢を聞いているんだよ。じゅっ、十の位間違えてない?さっ、30いくつの間違えでしょ?”って、目を真ん丸くして言いました。

あ~っ。みんな私のこと、そのくらいの年齢と思ってくれていたんだ~。わ~い。

正直言って、この女の子が年齢を聞いてきたとき、なんなんだ、こいつって思っちゃったのですが(笑)、まっ、21歳の女の子は年齢なんて気にしないし、軽い気持ちで聞いたんだろうなぁ、と。

で、私と言えば、年齢を言ったことで、別に皆はどうとも思わなかったようだし、もちろん態度が変わることもないし、一瞬でも気にしたのは私だったんだなぁ、と思って。ここでまた”オープンでない”自分を手放す一歩を歩めたような気がして、あ~また手放したことが本当にできてるか自己チェックだな~、なんて感じていました。

この日の夕暮れ。雲ひとつない美しい空が見えました。 
South Bolivia 2nd day 15

ということは、キレイな星空が望める???

ピンポ~ン! この日の宿泊場所は周りに遮る物がまったくない、オープンフィールド。空には雲ひとつなし。
South Bolivia 2nd day 16

予想通り満天の星が見れました。
South Bolivia 2nd day 17

この日の夕方、私は持ってきた一眼レフのマニュアルを読み直し、出来なかった設定をマスターし星撮影に挑んだのですが、ようやく念願の星を撮影することができました~。←嬉し涙
South Bolivia 2nd day 18

この日は新月の夜。本来ならばウユニ塩湖で新月を迎えるはずだったのですが、ボリビアとチリの国境近くの果てで、こんなにキレイな星空を見ることができました。
South Bolivia 2nd day 19

それもたった独りで。(ツアーの皆は星に興味がなくって、トランプしてました)
South Bolivia 2nd day 20

こぼれるような星たちの中から、ときどきサ~ッと流れ星が流れたりして。
South Bolivia 2nd day 21

とっても贅沢な時間を過ごしました
South Bolivia 2nd day 22

こんな素晴らしい夜空を静寂のなかで満喫できて、星たちと対話したりして。やっぱりココへ来てよかったな~、と思ったのでした。

********************

ランキングに参加しています。ポチッ、ポチッ、と押していただくと、励みになりま~す。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




関連記事

テーマ : 南米
ジャンル : 旅行

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まさに奇岩ですね!
ボリビアでは、こういう景色も見れるんですか!?

ところで満天の星空。
素晴らしいです!
見てみたいなぁ。

Re: タイトルなし

こんにちは。

星、ようやく撮れました(泣)。設定さえちゃんとできていれば、ある程度は撮れるんですよね。なのにその設定の仕方がわからなかったっていう...v-402 今回いろいろと勉強になりました。

アジア人は欧米の人に比べると若く見えますよね~。な~んだ。やっぱり正直に言わなくってもよかったかな、とちょっと思っちゃいました。まっ、でも年相応に思われていたらそれも複雑ですよね。(笑)

Re: タイトルなし

Yokさん、コメントが遅くなりました。

そうなんです。ボリビアではこういう景色もあるのです。で、アンデスの山以外にジャングルとかもあるんですよ~。実は見所いっぱいなのです。しかも物価が安いし。

> ところで満天の星空。
> 素晴らしいです!
是非この光景を皆さんにもお見せしたいと思っていました。通常明るすぎて見えないだけで、私たちはこれほどの星に見守られながら生きているんですよね☆

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR