Admin New entry Up load All archives
     

ミュンヘン国立劇場でオペラ鑑賞のはずだったのだけど...

ミュンヘンの最終日、なんと国立劇場で「サロメ」を上演していることがわかり、チケットを入手した私。
RIMG0492_convert_20140426085556.jpg

うわ~ん。こんなところでオペラが見られるなんて嬉しな~、とウキウキしておりました。

劇場の中はゴージャス。
RIMG0502_convert_20140426085646.jpg

趣があって、期待感が高まります。
RIMG0504_convert_20140426085708.jpg

ちょっと早く着いてしまった私は、まわりを見回しながら、舞台を楽しみにしていました。
RIMG0505_convert_20140426085725.jpg

が、まだ人がまばらなころはよかったのですが、そのうち人がだんだんと入ってきて、ちょっと不安になりました。

この席、舞台が見えるの?

実は私が買った席は破格に安い10.50ユーロの席。

席、といっても、立見席で、それすら知らずに買っちゃったのだけど、まっ、この値段なら仕方がないか、と思ってました。しかも「サロメ」なので1幕で短いオペラだし、まっいいか、と。(もう一つ高い席を取ろうとしたら、タッチの差で取れなかったのです。)

私の席(場所)は、Uの字になった客席の下から3階目の舞台よりの席で、前から2列目だったんですが、立ち見席はいいとしても、舞台が見えなかったら話にならない。

そんなことってあり?

で、不安を抱えたまま幕が上がったのですが、案の定な~んにも見えないっ

メトだとサイドの席はパーシャルビューだけど、それなりに見えるので安心しきっていたのですが、なにこれっ。

無常にもオペラはどんどん進んでいきます。

字幕はもちろんドイツ語。

でもこのオペラは何度も観ているし、ストーリーも頭に入っているので、音だけ聴いていても内容はついていけます。

可哀想なのは私のさらに後ろの列に立っていた、若い日本人の子たち。きっと彼らも何にも観れなかったと思います。
あるカップルなんて、途中で出て行っちゃっていたし。そういう私の左隣のカップルも途中で帰っていました。

そんな中、音楽がサロメの見どころ「7枚のヴェールの踊り」に差し掛かりました。

これはこのオペラのハイライト。

ん、もう、これが観れなきゃ本当に来た意味がない!と私はそそくさと自分の立ち位置を去り、バルコニー手前すれすれまで移動して、なんとか1/3ほどの舞台を見ることができました(涙)

Salome 1

舞台はヨーロッパらしいモダンな舞台。後で知ったのですが、アメリカ人のプロダクションだったようです。(プロダクションはどうやら不評だったようです。でも私はほんのちょっとしか舞台が見れなかったっので、舞台についてもまったく語れません)

7つのヴェールの踊りはなかなかセダクティブで、最後ソプラノが半裸になるところだけは見えました。

オーケストラはよかったし、ドイツでリヒャルト・シュトラウスを観れるまたとない機会だったのに、ほとんど見ることのできなかった舞台。ものすご~く残念 

教訓: 海外に行ったときくらいはチケット代をケチらないで、いい席でオペラを見るべき(笑)

折角のオペラでしたが不完全燃焼で終わった夜でした。。。

********************

ランキングに参加しています。ポチポチッとクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR