Admin New entry Up load All archives
     

MET美術館 「アッシリアからイベリアまで、クラシカルエイジの幕開け」 

ニューヨークではオペラの世界も華やかにシーズンが開幕しましたが、美術の世界もシーズン幕開けです。

待ちきれず、オープンと共に観てきたMET美術館の特別展「Assiria to Iberia at the Dawn of the Classical Age」。(9月22日からスタートです)

Met Assiria 2

私は恥ずかしながらアッシリアについては勉強不足でして、この辺の歴史について詳しく語れないのですが、Wikiによると、

アッシリアはメソポタミア(現在のイラク)北部を占める地域、またはそこに興った王国。首都は、初期はアッシュールで、後にニネヴェに遷都した。南側にバビロニアと隣接する。チグリス川とユーフラテス川の上流域を中心に栄え、後にメソポタミアと古代エジプトを含む世界帝国を築いた。アッシリアの偉業は、ペルシア帝国に受け継がれてその属州となった。

と書かれています。(すいません。手抜きで)


。。。とここまで書いたのが10月のはじめのこと。

この特別展はとても楽しみにしていて、オープン早々に観に行き、10月末にもう一度観に行ったくらい面白い特別展でした。

ところが、このブログはここで絶筆になってました。


この特別展、2015年1月4日までなのですが、興味のある方は是非行ってください。

Met+Assiria+1_convert_20140930095440.jpg

もうこの特別展を見て随分と経っているので、詳しいことは書けませんが、日本の神社で見た”十六菊家紋”とそっくりな紋がいろいろなところで見られます。(伊勢神宮、宗像大社、高千穂の神社のあちこちで十六菊家紋をたくさんみました)

(これは日本の天皇、皇室を現す十六八重表菊 (菊が八重になっているもの))
9edba497762ba2a42321c8a655043f2c.png


またエジプトでよく見かける”羽の着いた太陽のディスク(Winged Sun Disk)”も満載。(こういうのです。”アミ小さな宇宙人”のアミちゃんのマークに似ています)
images.jpg

そうそう。この特別展では”魚人”なんかも見ました。


あやしいものがいっぱいで、興味が尽きません。

それにしてもなんで日本の皇室の家紋の十六菊家紋が、古代メソポタミアと似た紋なんでしょうね。

ちょっとその辺が知りたくなって、いまそちらに興味がシフトしているSakuraです。

っていうか、日本の皇室の家紋の”十六菊家紋”について、日本から帰国後にいろいろと調べているのですが、面白いことがたくさん出てきました。

*シュメール王朝のバビロン遺跡には、王家の紋章として十六菊家紋が描かれていること(今回のメトの特別展の最後のほうでも観ることができます。↓こういうのです)
十六菊家紋

*イラクのフセイン大統領も十六菊家紋が入った腕輪をしており、彼らの先祖シューメール王朝の時代に用いていた王家の紋章だと語っていたこと

*エジプト、イスラエルなどでも十六菊家紋が王家の紋として使われていたこと

で、どうやら”16”という数字がキーみたいなのです。

まだまだリサーチ中なので、いつかまとめられるくらいになったらブログにアップしたいと思います。

取り急ぎ、この特別展に興味がある方は、展示が終わる前にメトへどうぞ♪

*******************************

それから折角この時期にメトロポリタン美術館に行くならば、次の特別展もお勧めです。

キュビズム: レナード・A・ローダーのコレクション

化粧品会社エスティローダーの創業者の長男レナード・ローダーが寄贈したキュビズムの作品81点が展示されています。

特別展の入り口に、とある邸宅のリビングの写真が展示されているのですが、よく見るとキュビズムの作品なんですね。

わぁ~、こんな家があったらすごいな~、と思ったら、ローダー家のリビングルームの写真でした。

で、この写真に展示されている作品が、この特別展で見ることができます。

ピカソ、ブラック、グリス、レジェなどの作品がたっぷり鑑賞できます。(2015年2月16日まで)

着物展(KIMONO - A Modern History)

メトの日本ギャラリーで展示されている”KIMONO”展。江戸時代後期から現代までの着物や、屏風、浮世絵、陶磁器などが展示されています。

時代の変遷とともにデザインなども変わっていく様がみていてとても興味深いです。(2015年1月19日まで)

ニューヨークのエル・グレコ(El Greco in New York)

エル・グレコはスペイン、トレドで活躍した画家で、メト所蔵の作品10点と借入6展の絵画をそろえて特別展を行っています。エル・グレコが大好きな私は楽しみにしていたのですが、残念ながら、マドリッドやトレドにあるような大作はこちらにはないので、それなりの作品しか鑑賞できないのですが、もともと見られる作品数が少ないニューヨークでエル・グレコをまとめて鑑賞できる機会なので、お好きな方はこの機会にどうぞ。(2015年2月1日まで)

Metropolitan Museum

********************

ランキングに参加しています。応援のポチッをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR