Admin New entry Up load All archives
     

宗像大社

今年に入ってから、日本の神さまや神話について急に興味が出てきた私。

家には古事記や日本の神さま関係の本がいくつかあったので、それを読み直したりしていたのですが、今回日本へ行くにあたり、折角だから日本の神社巡りをしたいな~、と思っていました。

で、このブログでも登場した「秘儀セッション」をされている八多さんに、どこがお勧めかを聞いてみたところ、「伊勢神宮」、そして「宗像大社」はとても重要な場所のようですよ~、と教えていただきました。(秘儀セッションの話はこちらこちら

その一言で、「宗像大社」に寄ってみることにしました。
IMG_5932_convert_20141129031003.jpg


宗像大社は福岡にあります。

宗像大社は三女伸を祀っている三宮の総称で、

沖津宮(おきつぐう)には長女神の田心姫神(たごりひめのかみ)が、
中津宮(ながつぐう)には次女神の湍津姫神(たぎつひめのかみ)が、
辺津宮(へつぐう)には末女神の市杵島姫神(いきちしまひめのかみ)が

祀られています。

気性の荒い弟神スサノオの命が姉神のアマテラスのもとにやってきたとき、アマテラスはスサノオが戦争をしかけてきたのではと危ぶみます。そこで誓いの法で彼の忠誠心を確かめるため、スサノオが携える剣を三つに折って噛み砕いて吹き出しました。

そこで誕生したのがこの三女神だと言われています。

そしてその後天照大御神の勅命(ご命令)によって、大陸との交通の要路にあたるこの地に降臨されたそうです。


さて今回伺ったのは、宗像三宮のなかの辺津宮です。
IMG_5934_convert_20141129031024.jpg

天照大御神の御子神をご祭神とするからでしょうか。十六菊家紋がここでもみられます。
IMG_5936_convert_20141129031038.jpg

敷地の中に入ると、まずは立派な池がありました。
IMG_5939_convert_20141129031053.jpg

そこを通りすぎると神門があります。
IMG_5943_convert_20141129031105.jpg

門にも十六菊家紋が。
IMG_5945_convert_20141129031119.jpg

残念ながら本殿は修復中のため
IMG_5948_convert_20141129031131.jpg

覆いがかぶさっており、
IMG_5953_convert_20141129031210.jpg

その隣に仮本殿が設けられていました。
IMG_5952_convert_20141129031151.jpg

仮本殿のまわりには末社がたくさん建ち並んでいました。
IMG_5955_convert_20141129031229.jpg

ここでとても目を引いたのが御神木の楢(なら)の木
IMG_5958_convert_20141129031248.jpg

樹齢約550年だそうで、横に長く伸びています。
IMG_5960_convert_20141129031310.jpg

この木には穏やかで温かく、同時に力強いエネルギーが感じられました。
IMG_5961_convert_20141129031325.jpg

第二宮、第三宮につづく”鎮守の杜の道”。
IMG_5977_convert_20141129031341.jpg

木漏れ日が燦々と降り注ぎ、鳥のさえずりがどこからか聞こえてくる、素敵な道でした。ここをず~っと歩いていたい♪そんな道でした。
IMG_5980_convert_20141129031357.jpg

鳥居をくぐり、左手に行くと、
IMG_5984_convert_20141129031418.jpg

沖津宮の田心姫神の御分霊を祀る第二宮と、
IMG_5997_convert_20141129031441.jpg

中津宮の湍津姫神の御分霊を祀る第三宮がありました。
IMG_6004_convert_20141129031532.jpg

この第二宮と第三宮の社殿は、伊勢神宮の内宮別宮の伊佐奈岐宮と伊佐奈弥宮の旧社殿を移築再建したものだそうです。

伊勢神宮の内宮別宮伊佐奈岐宮と伊佐奈弥宮は、前日訪れたばかり。(この話はこちら) 

ということは、伊佐奈岐宮と伊佐奈弥宮の遷宮式が行われている日に宗像大社の第二宮と第三宮を訪れていたということになります。今回の遷宮の後、またこちらの社殿に使われる、ということなのでしょうか。

なんかこんなところで繋がるとは奇遇です。そしてなんだか親しみを感じました。

この第二宮も第三宮も、伊勢神宮内宮の社殿と同じようなつくりになっていました。
IMG_6002_convert_20141129031550.jpg


その後に訪れたのが、”高宮祭場”。

ここは宗像大神がご降臨されたと伝えられる地
IMG_6012_convert_20141129031606.jpg

高台にあるため階段を登っていきます。
IMG_6017_convert_20141129031632.jpg

この左手の階段を登ったところが「高宮祭場」です。
IMG_6022_convert_20141129031650.jpg

古代祭場であったといわれるこの地には御殿がありません

昔は祈りのための建物はなく、その場所自体を神聖な場所とし、祈りの場としていたそうです。

その祈りの原型を今に伝えているのがこの場所です。

ここには依代(よりしろ)となる高宮の神籬(ひもろぎ)、磐境(いわさか)がありました。

あまりに神聖な場所に感じられたため、ここで写真は撮りませんでした。

もしどんなところか興味がありましたら、こちらをどうぞ。

この場所のエネルギーは本当に圧倒的でした。 そしてなぜか懐かしさを感じました。

私はここのエネルギーにすっかりと魅了され、ここでしばらくじっと祈りを捧げました。

目をつぶると古代の祭りの様子が目に浮かんできました。

ここの空気の感じは特別で、時空がゆがんでいてもおかしくないような気すらしました。


しばらくの間この場所にいたのですが、その後、ここにおみくじがあることに気が付きました。そこで、おみくじを引いてみると。。。

大吉

ありがたいお言葉がおみくじに綴られていました。 どうもありがとうございます。


その後、敷地内にある”神宝間(しんぽうかん)”へ行きました。

宗像大社の三宮のうち、沖ノ島は玄界灘のほぼ真ん中に浮かぶ絶海の孤島にあります。そこに田心姫神(たごりひめのかみ)を祀る沖津宮があります。

この島は住人はなく、辺津宮(へつぐう)より神職が10日交代で一人で奉仕しているのだそうです。

女人禁制、上陸時には海での禊、草木一本たりとも持ち出すことは禁じられるなどの掟が今も守られている神聖な島 - それが沖の島なのだそうです。

この神宝館では、沖ノ島についての説明や、出土品が展示されていました。

九州と朝鮮半島の海域に位置する沖ノ島では、中国と朝鮮半島の対外交流の成就を願う祭祀が行われていたそうで、またその場所柄、出土品の中には、中国大陸や朝鮮半島をはじめ、シルクロードを経てイランから伝わったものなども出土しています。

ここで出土した約8万点の奉献品全てが国宝にしていされています。

出土品の中には、子持ち勾玉などもありました。私ははじめて”子持ち勾玉”なるものをここで観ました。(かっ、かわいいっ)
download.jpg

また展示されていたパネルを読んでびっくり。

この地域には航海術に長けた海人族(あまぞく)と呼ばれる人たちが住んでいそうで、この辺一帯にはたくさんの古墳もあり、かなり発達した文明があったことを知りました。

北九州にこれほど古代の足跡が残っているとは恥ずかしながら知らなかったので、古代好きな私としては、ロマンをおおいに掻き立てられました。

あ~、時間とお金に余裕があったら、ここをゆっくりまわって、そして古墳の調査なんかをしてみたい~っ。

っていうか、この辺一体、かなり怪しいです。日本の古代史に大いに係わる場所、って感じがします。


今回の宗像大社参拝では、古事記や日本書紀にまつわる話、そして北九州の古代史を垣間見て、今まで知らなかったことが満載で、私の知的好奇心を大いにそそりました。

日本の歴史も奥が深く、そして、土地と神に密接しています。

「宗像大社」は、八多さんが今後出版される本にも深く関わる地になるそうで、どんな物語がここに隠れているのか、考えるだけでも今からドキドキです。

宗像大社

********************

ランキングに参加しています。ポチッと押していただくと、嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

No title

Sakuraさ~ん。紹介して下さって、ありがとうございますぅぅ~!
しかも、過去のリンクまで・・・感謝感謝です<(_ _)>
そして、なんて素晴らしい参拝リポートでしょう。その場に行ったような気分になります。
来年こそは宗像大社に訪れてみたいです。

Re: No title

八多さ~ん。

いえいえ。宗像大社行きは八多さんなくして語れませんでしたから。教えてくださってどうもありがとうございます♪

宗像大社は謎がいっぱいで、ついでにこの辺一帯も古墳がゴロゴロあったり、神秘に包まれています。
ここがどんなところなのか、八多さんの本ができあがるのが今から楽しみです!!

ここの「高宮祭場」は本当に別世界でした。場のエネルギーが全然違うように感じられました。

機会があったら是非訪れてみてください♪
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR