Admin New entry Up load All archives
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

母娘3世代の旅 - 地球の隠れ宮 ”幣立神社”

今回の帰省はAL君が同行しませんでした。

ってことで、折角なので久々の”母娘3世代の旅”を企画しました♪

祖母、母、私の女3人、平均年齢71歳の旅です。

数年前にもこのメンバーで旅をしたのですが、またこうして3人で旅ができることに感謝します♪


今回の旅はロード・トリップ。 

前日の誕生日を迎えた七十ウン才になる母が運転する車で、神社巡りをしてきました♪ (←私の趣味の押しつけ?)


グーグルマップで指定された道を通って行ったのですが、行きに選んだ道は旧道でした。 もうね。すごいケモノ道
IMG_6056_convert_20141130022807.jpg

↑写真はまだまだ広い車線(!!)でキレイですが、車がすれ違うのも大変な狭いクネクネとした道が延々と続き、しかも前日の台風のせいで枝や松の葉が山のように車道に落ちていて、すごい有様でした。

”ちょっと運転大丈夫~???”

と心配する私の横で、

”な~に言ってんの。このくらいぜ~んぜん平気よ~!!”

とぶいぶい車をかっとばす母をみて、

この人すげっ。

と思ったSakuraちゃんでした。

さて、私たちが最初に向かったのは、熊本県と宮崎県の県境に近い「幣立神社」です。
IMG_6059_convert_20141130015856.jpg

ここの存在は母から聞いていて知ってはいたのですが、今回はじめて参拝しました。

地球の隠れ宮ともいわれる「幣立神社」。

なのに入り口は道路沿いにあってこんな感じ↑なので、下手すると簡単に素通りしてしまいそうでした。

祖母は車の中でお留守番してもらい、母と私は参拝に。

鳥居をくぐると階段です。写真の奥に社殿がみえます。
IMG_6065_convert_20141130015925.jpg

こんなにたくさんの階段を登れるのかな~、という心配をよそに、母はひょいひょいと登っていました。やっぱりこの人、すごいっ。

幣立神社は神代(かみよ)といわれる時代に、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸から出てきた後に、天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)のご降臨を依頼になった国はじめの尊宮なのだそうです。

ご祭神は

天照大御神以前の神の、神漏岐命(かむろぎのみこと)と神漏美命(かむろみのみこと)
大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)
天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)

という、そうそうたる五柱。

IMG_6081_convert_20141130020045.jpg

IMG_6072_convert_20141130015956.jpg
IMG_6069_convert_20141130033149.jpgIMG_6145_convert_20141130020527.jpg

IMG_6079_convert_20141130034020.jpg

この日はちょうど結婚式が行われるようで、花嫁さんと花婿さんがいらっしゃいました。
また幣立神宮の宮司さんもお目にかかることができました。
IMG_6070_convert_20141130015940.jpg

お~きな「天神木」
IMG_6074_convert_20141130020012.jpg

IMG_6082_convert_20141130034349.jpg

この天神木は、一万五千年の命脈があるそうです。
IMG_6083_convert_20141130034404.jpg

さて、社殿左脇から階段を下りて山道を進みます。
IMG_6143_convert_20141130034911.jpg

IMG_6106_convert_20141130020129.jpg

IMG_6114_convert_20141130020157.jpg

そこには東御手洗(ひがしみたらい)と呼ばれる場所があります。
IMG_6126_convert_20141130020413.jpg

IMG_6118_convert_20141130020300.jpg

ここには八大龍王が鎮まる所とされ、北辰妙見(ほくしんみょうけん―天御中主大神と同一)の大伸が祀られています。
IMG_6122_convert_20141130020343.jpg

また神代の昔、天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は、東御手洗のご神水で全国の主要地を清められたそうです。
IMG_6120_convert_20141130020320.jpg

IMG_6142_convert_20141130020444.jpg

ここで龍神さまにごあいさつをして、お水を少しいただきました。

東御手洗の右手には小さな池がありました。ここで龍神さまがくつろいでいらっしゃるのでしょう。
IMG_6117_convert_20141130020242.jpg

また東御手洗に手前には水田が広がっていました。 神道と米は切っても切れない大切な関係なのですね。
IMG_6116_convert_20141130020226.jpg

さて、幣立神宮では「五色神祭」という祭りが行われるそうです。

このお祭りは、五年ごとに大祭、その間四年は小祭がおこなわれるそうです。

幣立神社には太古から「五色神面」が奉斎されており、五色とは、白、、黒、(緑)人の五大人種を現しているのだそうです。

この色は五大陸を現すオリンピックの色とも通じています。

神代の昔、色の隔てなく、共に生きた原点に返り、人類共通の願いを形として表し、精神的、霊的な伝統を次の世界に伝えるために、各々の大陸から種族の願いを持って奉斎されたもの”が「五色神面」で、

人が神さまとなって、高天原の神さまと一体となるのが五色神祭で

神に祈り、お互いに交流をして、お互いの情報をもって自分の国に帰って、国の発展に尽くすというのが、五色神祭の役割

なのだそうです。

そしてこの祭りには、世界各国からいろいろな方々が霊的感応によって集まってくるのだそうです。
IMG_6144_convert_20141130020508.jpg

この祭りの基本精神は、なんという先見的でインターナショナルな考えなのでしょう。
IMG_6146_convert_20141130020545.jpg

見過ごしてしまいそうな入り口の、なんの飾り気もない、ひっそりとした神社なのですが、この神社が発するメッセージはものすごくパワフルで、胸に強く、深く響きました。

********************

ランキングに参加しています。ポチッと押していただくと、嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

No title

日本の原風景的な場所ですね。
こういう場所に行っただけで、心が洗われる気もちになります。
ところでおばあ様&お母様といらっしゃるなんて、親孝行されてますね!(^^)!

Re: No title

Yokさん

> 日本の原風景的な場所ですね。

そうなんです。この後に出てくる場所なんて、本当に日本の原風景そのもの。景色を見ているだけで癒されました。

> ところでおばあ様&お母様といらっしゃるなんて、親孝行されてますね!(^^)!

いえいえその逆で、全然親孝行できていないので、もっと一緒に過ごす時間をもたなきゃな~、と痛感したしだいです。
でも家族っていいです。ほんと~に楽しかったです♪
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。