Admin New entry Up load All archives
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

国見ケ丘から「雲海」を眺める

高千穂2日目の朝は、ちょっと早起きをしました。

というのは、秋になると日の出とともに「雲海」がみえる場所があるというのです。

なのですが、この朝まさかの寝坊

出発しよう!と思っていた時間にガバッと起きた、SakuraちゃんとSakuraちゃんママ。

でもその後の私たちは早かった。ささっ、と着替えて5分後には部屋を出ていたという、男並みの早さ。 いやぁ、異常に朝の仕度が早いと言われているSakuraちゃん。これはやっぱり「DNA」だったようです。

。。。と、ちょっと失態もありましたが、Sakuraちゃんママが車を飛ばしてくれて、やってきたのはココです。

間に合いました♡
IMG_6588_convert_20141208032754.jpg

もうすぐ日の出が出る、という時間にちょうど着きました。なんとラッキー。
IMG_6594_convert_20141208032815.jpg

ほんのチラッと天照大御神(あまてらすおおみかみ)さまが出てこられた、と思ったら、
IMG_6609_convert_20141208032834.jpg

だんだんとそのお姿が現れてきました。
IMG_6610_convert_20141208032853.jpg

天岩戸伝説では、岩戸の後ろにお隠れになった天照大御神が岩戸の陰から出られると、辺りが明るくなった、とありますが、太陽が現れると、一面がパア~ッと明るくなるだけでなく、その光のおかげで肌にもぬくもりを感じ、気温もグンと上がります。太陽のパワーって本当にすごいです。
IMG_6613_convert_20141208032910.jpg

この場所は「国見ケ丘」という場所です。
IMG_6619_convert_20141208032925.jpg

この場所で、神武天皇の孫・建磐龍命(たていわたつのみこと)が九州統治の際に立ち寄られ、国見をされたといわれています。
IMG_6625_convert_20141208032949.jpg

毎年秋になるとこの国見ケ丘では雲海がみえるのだそうです。

私たちが行ったのは10月半ばだったので、ちょっと早いかな~、と思ったのですが、前日の日中は暖かく、夜は冷え込んだので、たぶん見れる!と思っていました。
IMG_6655_convert_20141208033007.jpg

後で知ったのですが、秋であっても雲海はいつでも見ることができるのではないのだとか。
また、雨が降った数日後に「晴れ・無風」の条件が整うと発生しやすいらしいです。

台風直後で、前日暖かく、夜冷え込んだためにこんな美しい雲海を見ることができました♪

黄金色に輝く雲海 - 「神々しい」というのがふさわしい光景でした。
IMG_6662_convert_20141208033026.jpg

今までいろいろな場所で朝日を見てきたけれど、自国の、神話の里といわれる土地で、しかも雲海を眼下にした朝日は格別に美しかったです。

北側で雲海は生まれ、南側に流れているようでした。
IMG_6663_convert_20141208033046.jpg

雲海を眺めるSakuraちゃんママ。
IMG_6686_convert_20141208033111.jpg

Sakuraちゃんママも「雲海」の景色をたっぷりと楽しんでくれたようです。

昨日あんなに歩かせたのに、早朝の日の出参拝までつき合わせちゃかわいそうかな~、と思ったのですが、本人が”行く~”というので一緒に行ったのですが、こんなきれいな景色を二人で拝めてよかったです♪
IMG_6693_convert_20141208033132.jpg

陽が昇ってからも、雲の流れが美しくって、しばらくここで景色を眺めていました。 で、ふと気が付くと、この方もいらっしゃっていました。(木の上の白い点に注目!)
IMG_6712_convert_20141208033212.jpg

天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟君、月読命(つくよみのみこと)です。
IMG_6716_convert_20141208033242.jpg

国見ケ丘の上には、天孫降臨像が立っていました。
IMG_6753_convert_20141208033319.jpg

天孫降臨は、天照大御神の孫、瓊瓊杵尊が高天原から天下った、という話ですが、その場所は、二上山(こちら)や槵觸(くしふる)の峰、という説があります。

なのでここが天孫降臨の場所ではないのですが、高天原から降臨された瓊瓊杵尊がご覧になられた風景が、こんな風景であったならば、この美しい里を守り、ここに住む人たちをよき道へと導こう、と思われたはず。
IMG_6757_convert_20141208033340.jpg

神々が愛した国、日本。

その原風景を垣間見たような気がしました。

「八百万の神」に守られ、その神々(八百万の神=自然)を崇拝し、自然と共存していた国、それが日本。
日本の原点をここで感じような気がしました。

********************

ランキングに参加しています。ポチッと押していただくと、嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。