Admin New entry Up load All archives
     

シニアパワーがすごい。日本の滞在で思ったことなど

今回の日本の滞在でびっくりしたことのナンバーワンは、日本のシニアパワーを垣間見たこと

母が習っている日本舞踊の発表会に付き合ったのですが、それがすごかった!

詳しいことはほとんど聞かずに会場に行き、発表会のパンフレットを見て目が点になりました。

なにこれっ?


熊本城を背景にした青空舞台で繰り広げられる発表会は、なんと4日間も続くプログラム

公民館を中心としたいろいろな習い事の発表会で、

毎日朝9時半ごろからはじまり、終了は4時半頃。

各チームの持ち時間は7~8分で、出入りを入れて10分。

ということは、ザクッと考えても一日42組が発表をし、4日間で168組。1チーム15人と考えても、延べ2500人ほどが参加していることになります。

発表会の内容も、

フラダンス、なんとか体操、詩吟、マンダリン、カラオケなどなど盛りだくさん。
IMG_7192_convert_20141222073148.jpgIMG_7187_convert_20141222073111.jpg
IMG_7182_convert_20141222073051.jpgIMG_7185_convert_20141222073130.jpg

習い事の選択肢の多さにもおおいに驚きました。

ニューヨークだったらありとあらゆるものが揃っているので、習い事の選択肢とかには驚きませんが、シニア用の習い事で、しかも熊本で、こんなに沢山の習い事の選択肢があるなんてすごいっ。

それもジャンルが幅広く(日本の古典ものから、各国のダンスや楽器まで)、それぞれのグループがそれなりに人が集まっているんですよ。それだけいろんな興味を持っている人がいる、ってことじゃないですか。この興味の範囲の広さにも驚きました。

ある意味、日本人ってインターナショナルで、許容範囲や興味の範囲が広いってことです。(例えば中南米に行くと、老若男女が踊りますが(アルゼンチンだったらタンゴ、プエルトリコやカリブ海の島だったらサルサやメレンゲなど)、日本舞踊を習ったり、フラダンスを習う人(特にシニア)っていないんじゃないか、と思います)。


でね、母曰く、これは毎年出られるわけじゃなくて、抽選なのだとか。

うっひょ~っ。

私は市内にある全ての教室が集まって発表しているのかと思いました。

ってことは、まだあるの~。

(しかも陶芸だとか、油絵なんかのクラスは参加していないだろうから、アートのクラスを考えたら、もっとあるってことです)


この発表会で発表されている皆さんはとても楽しそうに見えました。

リタイアされて、今までできなかったこと、やってみたかったことをチャレンジしてみる。 

自分の好きなことを見つけてそれをやってみる。

外に出て、同じことが好きな仲間と出会って、好きなことを学ぶ。

こんな老後だったら、充実してますよね。 


いやぁ、今回こんなすごいのを見ちゃって、日本の老後って楽しそうだな~、と思いました(笑)。

そして活字で見ていた”日本の高齢化”っていうのをこの目でみた!気がしました。


ちょっと調べてみると、2012年で日本の総人口に対する65歳以上の人口は24.1%。
75歳以上は11.9%なのだそう。

ちなみに1950年では65歳以上の高齢人口は総人口の5%、1970年では7%、1994年では14%。


それで話はちょっとますが、母の世代になると、コンピューターを使うことってかなりハードルが高く(そうでない方もいるとは思いますが)、母の情報源となるとTVか口コミなんですね。

それでも母は私の帰国前にi podを購入していて、今回猛特訓(?)して少しは使えるようになったのですが(今でも電話をすると、話の3分の1はi podの使い方の講義になります←使う気マンマンなのは偉いっ)、滞在中日本のTVを見ていると、これが母の主な情報源なんだな~、と思うと、う~む、とうなってしまいました。

アメリカでもメディアが報道する内容は制限がありますが、少なくとも各社それなりに見解(見方)が違ったり、見る側も選択肢があります。また私たち世代はその気になればネットで調べることもできます。(っていうか、調べ物はもっぱらネットだし)

でも日本のTVは、短い滞在で見たTVもほんのわずかだったのでこんなふうに言っていいのかわかりませんが、各社同じ見解のものばかり。たまたま私の滞在中は台風が来ていたのですが、レーダーで雲の動きを見せるわけでもなく、いかに台風ですごいことになっているのかの繰り返し。(それも一部のすごい映像の繰り返し)

何が言いたいのかというと、必要以上に人々の恐怖をあおるような報道が目について、しかもどのチャンネルも同じなんで、ちょっとうんざりました。

そしてそれが母の得られる情報の全てであればちょっとこわいな~、と感じました。


でも、日本はどこへ行ってもキレイだし、安全だし、親切だし(バスに乗ったら、両替機まで付いているし、両替の案内や、右に曲がるとか、左に曲がるとか案内があるし、すごすぎっ)、こんなにホスピタリティ溢れる国は他にはないと思いました。

あっ、バスと言えばアイドリング・ストップもあるんですね。これにもびっくり。

軽自動車にもアイドリング・ストップが付いたものが主流のようで、まだ賛否両論はあるようですが、そういう技術があって、そういう車がすでに出回っているのは日本だなぁ、と思いました。


こんな風にいろいろと感じたことはあったのですが、やっぱり日本で一番なのは、家族と会うこと、に尽きます。

母と祖母との旅行も楽しかったですし、甥っ子たちと過ごした時間も貴重でした。

甥っ子たちがかわいいうちに(笑)また近々帰りたいな~、と思ったのでした。


********************

これで日本編はおしまいです。応援のポチッをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

















関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR