Admin New entry Up load All archives
     

AL君、グランドキャニオンの谷底に降りないってよ。

ホピ居留区を出て、グランドキャニオンに向かう途中、給油とランチ休憩をした時の話です。

Al君が食べながら言いました。

”ボク、グランドキャニオンの谷底には行かない”

私。

”はぁ?”

今回の「アリゾナの旅」は、もともとは二人でグランドキャニオンの谷底へトレッキングに行く、と決めたことからスタートしたものでした。

なので、一番のメインイベント、というか、目的だったものですから、これじゃあ意味がないじゃん、っていうのが私のリアクションでした。っていうか、そもそも”行かない”ってどういうこと?

Al君は昔ヒザを怪我したことがあって、それをしきりに心配していました。

以前インカ・トレイルを歩いた時、下は石畳で足にかなり負担がかかり大変だったみたいなのですが、今回は土の上を歩くため、インカ・トレイルに比べたら全く楽勝なはず。

なのですが、グランドキャニオンのトレッキングでは、テントや寝袋、食料などは全部持参のため、バックパックがかなり重くなるんですね。そうするとヒザへの負担は大きくなる。それを心配しているのでした。

でも私、彼がこんなふうに考えていたなんて全く気が付かなかった。

IMG_8122_convert_20150306075717.jpg

だから折角久々にグランドキャニオンと対面しても、こんな土壇場になって、ハイライトのグランドキャニオンの谷底へ降りることをしないと言い出したAL君の気持ちが理解できず、モヤモヤした気持ちをかかえていました。

そして私は今Al君はこんなことを言っているけど、絶対に谷底に降りる、ってその時までは思っていました。

IMG_8143_convert_20150306075734.jpg

ところが。

そのうちに気が付きました。

キャニオンの谷底に二人で降りたい、っていう気持ちは、Al君にもあったかもしれないけど、きっと私のほうが気持ちが強かったんだろうなぁ、と。

”困難を乗り越える” ”チャレンジ”好きな私は、これを二人でやることで達成感を求めていたんです。

これはこの旅の直前にのりこさんのキネシのお題であったために、ここで気がつきました。(その時の話はこちら) 

でも、のりこさんのIHキネシで、”達成感”や”なんでもやり過ぎること”を手放したので、AL君の莫大発言からしばらくすると、キャニオンの谷底に二人で降りても、降りなくても別にいいじゃん、ってどっちでもいいことのようにだんだん思えてきました。(←こう思えた自分に驚きました。以前の私なら考えられない)
IMG_8146_convert_20150306075748.jpg

もっというと、この「アリゾナの旅」は、ほどんどが私がしたかった旅で、Al君は付いてきてくれていたようなものでした。

だからここで私はキャニオンの谷底へ行き(今回ここで私の友達と落ちあい、一緒に行動することになっていました)、彼は彼で一人でグランドキャニオンを満喫することで、彼の経験したいグランドキャニオンが楽しめるだろうな~、と思ったら、これがベストなアイデアだという確信が持てました。

それにグランドキャニオンの谷底に降りたら、自力で上がってくるしかない。(もしくは大金払ってヘリコプターで救助)
もしAL君の足の調子がおかしくなったら、一緒に行く人たちにも迷惑をかけてしまう。なので本人に自身がなかったら、キャンセルすることも大事なのです。 。。。ということを素直に思えました。

これですね、IHキネシのセッションを受けていなかったら、我の強い私のことなので、AL君が旅のハイライトの前日にキャンセルなんてした時には、かなり大きな心のしこりになっていたかもしれないんです。(っていうか、大喧嘩か、一生根に持っていたかも(笑))

それが、こんなふうに思えるようになるなんて、私自身ものすごく驚きました。

でも本当に全くわだかまりなく、すんなりこれがベストだと思えたのです。それが嬉しかったです。

IMG_8161_convert_20150306075806.jpg

のりこさんのIHキネシ、そしてセドナでのイルさんの、古いエネルギーを捨て、新しいエネルギーを取り入れるワークや、二人のエネルギー調整がここで役立ったのだと思います。

ということで、私は翌日から2泊3日で友人たちとグランドキャニオンの谷底まで行き、AL君は私が戻るまで一人でグランドキャニオンを満喫することとなりました。

******************************

*ランキングに参加しています。ポチポチッと押していただくと嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR