Admin New entry Up load All archives
     

キャニオン登頂!

インディアンガーデンの朝。
IMG_8890_convert_20150316055645.jpg

残っていた野菜たちを目いっぱい入れたうどん。きゃ~。癒される~。
IMG_8895_convert_20150316055707.jpg

これで重たかった食料分が少し軽くなったことでしょう。

ミュール鹿が朝のごあいさつにやってきました。 おはよ~。
IMG_8902_convert_20150316055728.jpg

朝、陽が昇るのが早いです。
IMG_8913_convert_20150316055744.jpg

今日もいい天気!
IMG_8914_convert_20150316055802.jpg

荷物をまとめて出発です。
IMG_8917_convert_20150316055817.jpg

振り返ると美しいキャニオンが。
IMG_8918_convert_20150316055832.jpg

そして目の前も。 キャニオンの懐に抱かれながらひたすら歩きます。
IMG_8922_convert_20150316055847.jpg

こんなスイッチバックをテクテクと。
IMG_8932_convert_20150316055921.jpg

前日歩いたプラトー・ポイント・トレールが見えます。
IMG_8935_convert_20150316055936.jpg

昨日はあの道を歩いていたんだなぁ。
IMG_8936_convert_20150316055957.jpg

さらにクネクネとしたスイッチバックを登ります。
IMG_8940_convert_20150316060014.jpg

。。。この辺りでAL君みっけ。
IMG_8948_convert_20150316070952.jpg

この日谷底から登ってくる私たちと落ち合うために、ブライトエンジェル・トレールを下ってきたAL君と再会です。

会った途端、AL君の弾丸トークがはじまりました。

”僕はね、皆と別れた後、あそこへ行って、あそこへ行って、あれしてこれして。。。”

と、何をしたか、逐一全部報告してくれます。

私は、と言えば、キャニオンの登りの最後。。。 話は聞いてるけど、それに答えるほど余力はない。。。

”あのさ~。荷物重いし、相づちも打たないけど、話は聞いてるから。”

と断り、私はもくもくと歩きました。

それでも話やまないAL君。

だんだん見上げる目線の角度が小さくなってきました。
IMG_8953_convert_20150316060055.jpg

う~ん。かなり上がってきたぞ~。
IMG_8962_convert_20150316060114.jpg

あともう少し。
IMG_8965_convert_20150316060132.jpg

ひとつ目のトンネル。
IMG_8972_convert_20150316060150.jpg

見慣れた絶景に近づいてきました。
IMG_8977_convert_20150316060210.jpg

おっ。ブライトエンジェルロッジが見えます。
IMG_8983_convert_20150316060229.jpg

二つ目のトンネル。
IMG_8985_convert_20150316060246.jpg

そして登頂!!! やった~!!!
IMG_8987_convert_20150316060304.jpg

今年も全員無事にキャニオン下りを終えることが出来ました。 みんなお疲れさま~。
IMG_8992_convert_20150316060322.jpg

今回は天気にも恵まれ、とてもすがすがしいキャニオン・トレッキングでした。やっぱり行ってよかった~。


グランド・キャニオンからラスベガスの道すがら。。。

AL君の弾丸トークは続きます。

ブライトエンジェルロッジから出る無料トラムに乗って、グランドキャニオンの最西にある”Hermits Rest”まで行ったこと。

昨日は夕日を見ながら、プラトーポイントのトレールを眺めて私たちがあの辺にいるのかな~、と思っていたこと。

ドイツ人の若いグループの人に頼んで写真を撮ってもらったり、ヤバパイポイントでグランドキャニオンのVCRを見たり、グランドキャニオン内にあるアメリカ先住民の遺跡を見たり。

と、かなり精力的に回っていたみたいです。(な~んだ、自分もいっぱいいっぱい回ってるんじゃん、って突っ込みはこらえました

夜は夜で、ホテルのジャグジーにつかってリラックスしたり。

ものすご~くグランドキャニオンを満喫したようです。
IMG_8994_convert_20150316060343.jpg

私と一緒だと、私がいつもイロイロ決めちゃうので、自分で考えて自分が行きたいところに自分のスケジュールで行けたのがとっても楽しかったみたい。(笑) やっぱり別行動にしてよかったです。

彼にとってはこの時間は自分なりの冒険の時間だったのだと思います。

私は、と言えば、親しい仲間たちとたっぷりと、しかも日本語で話すことができたので、と~っても楽しかった!

お互いにリフレッシュできました。
IMG_9000_convert_20150316060402.jpg

一人でいても、二人でいても楽しめるのはいいことです♪

いろんなことがあった”アリゾナの旅”ですが、すべてのことに感謝です♪

******************************

*これで長く続いた「アリゾナの旅」編は終了です。長らくお付き合いいただきありがとうございました♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連記事

コメント

No title

Sakuraさん,こんにちは。

天候に恵まれ濃厚で充実した旅だった様子がうかがえます。
親しい仲間と大自然、サイコーですね。
Al君もグランドキャニオンをenjoyしたようでヨカッタ〜←ちょっと気になってました。
PhoenixからSedona,グランドキャニオン,個人的に懐かしく「わぁ〜」とか、うんうんって感じで反応しっぱなしでした(笑)。
ホピ族のお話は新しい知識となりました。
何度も繰り返し読んでしまったくらいです。
さぁて、いつ行こうかな?(笑)



Re: No title

Sfogliatelle さん、こんにちは。

はい。今回は本当に天候に恵まれました♪ そしていろんなことがありました。
今思い返してもどの瞬間もすばらしい思い出です。

Al君も自分なりのグランドキャニオンと旅を満喫したようで、よかったと思います。気にしてくださってありがとうございます(笑 <m(__)m>) ←私たちにとっていい気づきの旅になりました。

Sfogliatelleさんにとってもフィニックスからセドナ、グランドキャニオンにかけて懐かしく思い出していただけたとはうれしいです。思い出すだけでもその土地のエネルギーとつながることができると思いますよ~。

ブログにも書きましたが、セドナからホピ居留区へ行くまでの道がとってもキレイでした。最初は森林の中を走るのですが、そのうち谷間となり山を越えると今度はフラットな草原となり、ほんの数時間の間なのに目まぐるしく景色が変わるのですが、そのどれもが美しかったです。あの道はドライブするだけでも価値があります。(この間は私が運転したので写真がほとんどないのが残念なのですが)

> さぁて、いつ行こうかな?(笑)

わ~い。このお言葉、すっごい好きです。ぜひ実現してくださいv-218
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR