Admin New entry Up load All archives
     

小さきものとの仁義なき戦い

気が付いたら、前回のブログ更新から10日以上が経っていました。

なんということ。

最近ブログをさぼる 書かない日が多いのは気が付いていましたが、こんなに日が空いていたとは。

この間にクリスマスも終わり、あと2015年も残すところわずかとなりました。

まだ一年を振り返るには早い気もするのですが、今書いておかないと、書かないまま年を越すことになりそうなので、今のうちに書きたいことを買いておこうと思います。


2015年は私的にはヘンな一年で、いろんなことが私の周りで起こり、それに振り回されたような一年でした。

3月末から4月、5月にかけてがいろんなことのピークで、

Al君のお父さんの容態が悪くなり、あちらの世界へ召されたのが3月末。

私の職場では、人が総入れ替えになりまるで別の職場のようになったのですが、それが4月から5月にかけて。

トイレが壊れ2日間トイレなしの生活をしなければならなくなったり、キャットシッターしていたネコちゃんがうちの巨大アロエの鉢をひっくり返し土だらけになったり、寝室の電気のスイッチが壊れたり、といろんなものが次々と壊れたのが4月の末のこと。

その翌週はうちの上の階に住むおばあちゃんが夜中にフロアを思いっきりガーン、ガーン、ガーンとぶったたく音で毎晩のように起こされ不眠。。。

これは数年前にも同様なことがあったのですが、うちの階から床が揺れるような大きな音が聞こえる、という幻聴が原因らしく、さすがに私たちも4晩目にはいくらなんでも耐えられず、クレームをコンドのオフィスに提出しました。今回はおばあちゃんが幻聴が聞こえるたびにスーパーを呼びつけられていたらしく、音がまったく聞こえないことを確認し、録音の証拠もとってくれていて、彼女の幻聴ということで収まりました。

そんなこんなで、へとへとだった翌週のこと。。。

ここからが本格的な悪夢のはじまりでした。


AL君の体に虫刺されのあとがいっぱいみられるようになりました。

どうしたのか不思議だったのですが、同じベッドで寝ている私はまったく刺されていないので、てっきり彼が会社かどこかで刺されていると思っていたのですが。。。 ある晩私も足元を刺されているのを見つけました。

もしかして、私が刺されたってことは、うちのベッドがあやしいってこと???

恐れていたけど、心の中で否定していた、アレがうちに潜んでいるってこと???

そうなんです。ベッドバグが家にいたことが発覚しました(大泣)


ベッドまわりを見ても全然わからなかったのですが、念入りに何度も何度も調べた結果、数匹みつけちゃったんですね。

もうね、半狂乱になりました。

どうやって連れてきちゃったのかわからないのですが、あきらかに奴らはいる。

取り急ぎ業者の人を呼んで駆除してもらったのですが、アメリカで許可されている薬は成虫にしか効かず、奴らの卵までは駆除できないそうなので、孵化する2~3週間後にまた来る、と言われました。

駆除に来てもらうといったんは刺されるのが減るのですが、2週間くらい経つとまた増えてくる、の繰り返し。しかも相手はどこにいるのか見えないのです。

結局全部いなくなるのに、8月半ばくらいまでかかりました。

この間半狂乱になりながらも、ベッドバグについてイロイロと調べ結構学びました。
(これについてブログに書こうかと思っていましたが、さすがにそれは止めることにしました。気分がわるくなるので)

彼らは飛べないので、地面を這うしかなく、食べ物(私たちのことね)がいれば、そこに定住するそうで。下手にベッドに寝ないでカウチなどに替えたりすると、食べ物を探して部屋を移動しかねないため、この間私たちはHuman Sacrifice(人身御供)となり耐えました。

といっても、刺されるのはもっぱらAL君で、私はそれほど被害にあわなかったのですが。

駆除業者の方の話によると、通常は女性の方が刺されるそうなのですが、うちはAL君ばかり刺され、しかも刺された後、腫れが引くのに時間がかかり、かわいそうでした。

来てくれていた業者の方は、ベッドを替える必要はなく、薬で駆除できる、と言ってくれていたのですが、3ヶ月経っても全然効果が見れず、8月末からアフリカ旅行を予定していた私たちは、なんとしてでもこの問題を旅行前に解決しないといけないと、焦り始めました。

もしアフリカの旅までになんとかしないと、今まではおとなしくベッド周りにだけいた虫たちが、私たちが不在の間、私たちを探していろんなところに散らばる可能性がある。それだけはなんとか食い止めようと、とりあえずベッドとマットレスを全部処分することにしました。

それが8月半ばのこと。それも特別な業者に頼んで、大型のラップにグルグル巻きにくるんで処分してもらったので、かなりの出費。(コンドからの指示でそうしなければなりませんでした)

結局、ベッドフレームとマットレスを処分したら、全く虫刺されがなくなりました。

思うにマットレスがかなり古くなっていて穴が空いていたりしたので、そういったところに隠れていたのではと思います。

業者さんに、虫がいなくなってからベッドを処分すればいいから、と言われずっとそうなるまで待っていたのですが、ベッドフレームとマットレスを処分するだけで虫がいなくなるなら、もともと処分するつもりでいたので、もっと早くそうするべきでした。

この3ヶ月、寝るのも怖くてず~っと恐怖でした。

あんな小さいものにこんなに振り回されるなんて。

姿も見えない小さい奴らに思いっきり振り回され、奔走させられました。

そしてこの時思いました。仏教ではどのような「殺生」はタブーですが、奴らとの共存はムリ! 
最終的に出て行ってもらい、本当にホッとしました。

その後しばらくの間は様子見で、エアーマットで寝ていた私たち。(これも毎日となるとなかなか大変だったのですが)

もう大丈夫だと太鼓判をはり、新しいベッドフレームとマットレスを購入し、ちゃんとしたベッドで眠った日の嬉しかったこと!!

今は毎晩ちゃんとしたベッドで安心して眠れることに感謝感謝です。


。。。ということで、新しいベッドフレームに、マットレス。シーツやベッドカバーは2回も買い替え。 (その間にコンピューターのハードディスクが壊れるという惨事もあったなぁ) 

いろんな出費が重なりに重なった一年でした。


私はですね、今までベッドバグのことをすご~く恐れていたんです。友人で家を放棄することになった経験をした話を聞いていたんで、奴らのことが怖くて怖くてたまらなかったんですね。でも今回の件で、奴らが来ても、家は乗っ取られることはないことが分かりました。なんとかなります。大丈夫です。


新しいベッドフレームもマットレスも気に入っているし、今年に入って私の好む色がガラッと変わったため、ベッドルームはその色に合わせてベッドカバーやカーテンまで替えたので、エネルギー的に落ち着く部屋になりました。


今はただただ落ち着いた家があり、安心して過ごし、眠れることに感謝です。



****************************

*ツイッターをはじめました♪ ふぉろーみー @SakuraChanNY

*ランキングに参加しています。ポチポチッと押していただくと嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR