Admin New entry Up load All archives
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

ズィビルチャルトゥム遺跡とセノーテ

さて、メキシコの旅3日目です。

この日は遅寝をして、遅い朝食をAL君の姪っ子ちゃんと一緒にとりました。

姪っ子ちゃんは午後にボランティアの授業があるため、そこで一旦わかれ、私たちはメリダの北、約30分位のところにあるズィビルチャルトゥム遺跡に行くことにしました。

ここなら近くだし、ちょっと調べたいこともあったので。

ズィビルチャルトゥム遺跡については事前に調べようとしたのですが、ネットでもあまり情報がなく、ほとんど予備知識がない状態で行きました。

小さい遺跡、ということは知っていたのですが、入り口はこんなで、思ったよりもきちんとしています。
IMG_5921_convert_20160414101625.jpg

この入り口入ってすぐのところで、ガイドの斡旋をしていました。

Al君と私はこの遺跡についてほとんど何もしらなかったので、ガイドさんを頼んでみることにしました。

このズィビルチャルトゥム遺跡はマヤの遺跡のなかでも北に位置する遺跡で、紀元としてはとても古い時代の遺跡なのだそうです。
IMG_5928_convert_20160414101651.jpg

これはスペイン人がやってきた後、マヤの遺跡を壊して作った教会の跡。
IMG_5930_convert_20160414101709.jpg

マヤでは、祈りを天と大地のもとで行っていたため、キリスト教の教会も祭殿だけ作り、実際の祈りの場は青空教会で行っていたのだそう。だから建物としてあるのは、この祭殿だけなのだそうです。

これは太陽の神殿。
IMG_5925_convert_20160414104352.jpg

それほど大きくはないものの、やっぱり存在感があります。

45分かんほどのガイドをしてもらい、ざっくりとこの遺跡について説明してもらった後、自分たちでもう少しこの遺跡を歩いてみました。

これは太陽の神殿に登ったところ。
IMG_5949_convert_20160414101740.jpg

この遺跡の中では一番高いところにあり、風が吹いていてと~っても気持ちがよかったです。

で、太陽の神殿に登り、神殿の上でごろんとしようとしてふと、空を見上げたら、日暈(ハロー)が見えました♪
R0020460_convert_20160414102133.jpg

うわ~っ。シャスタみたい。なんか天と大地からのエネルギーをヒシヒシと感じました。

その後、7つの人形の神殿へ歩いていきました。
IMG_5965_convert_20160414101756.jpg

この神殿から7つの小さな人形が掘り起こされたことから、そう名付けられたそうですが、実はこの神殿は、春分と秋分の日に、日の出の光が神殿の中心に差し込むように設計されています。
R0020458_convert_20160414102208_201604141053299cf.jpg

それだけでなく、この神殿に辿り着くまでのSacbe(渡り廊下)を中心としたエリアは、↑の図のように、夏至と冬至の通り道をちゃんと設計して建てられているのだそう。

マヤ文明は天文学に長けていた文明ですが、こんなふうにちゃんと星の動きにあわせて設計されているなんてすごいことです。
IMG_5972_convert_20160414101818.jpg

汗をたらたらかきながら遺跡を歩いた後は、この遺跡の中にあるセノーテへ向かいます♪

セノーテとはユカタン半島に見られる、地下水が溜まった天然の井戸や泉のこと。

ジャングルのこの地では水はとても重要なもの。マヤの遺跡の多くは、セノーテの近くに建てられていることが多く、セノーテは主に人々の水源として、それから聖なる泉として使われていたようです。

これがズィビルチャルトゥム遺跡のセノーテ。
IMG_5931_convert_20160414101723.jpg

思ったよりも大きく、水が癒しのブルーをしていて、とてもいいエネルギーを感じます。

ここに咲いている睡蓮は、水の水質をいいものに保つため、植えられたものなのだそうです。

ガイドさんの話によると、ここのセノーテの地下はこんなふうになっているのだそうです。

↑の写真の左手前は浅く、足が着く深さなのですが、右奥はこの写真のようにふか~く地下まで続いているそうです。

R0020459_convert_20160414102153.jpg

そしてこのセノーテには、地下深くからこんこんと清水が湧き出ていつもフレッシュな状態を保っているのだそう。

水は澄んでいてとてもきれい。お魚も泳いでいます。
IMG_6001_convert_20160414101837.jpg

さっそく水に入ってみると、ちょっと冷たいのですが、私でも入れる温度。
IMG_6008_convert_20160414101900.jpg

でね、水に入ってじっとしていると、足にちょんちょん、となにかが突っついてきました。

なんだろう、と見ると、お魚がちょんちょん私の足を突っついています

ん、もう。なんなの君たち~

お魚、かわいすぎ~。

そのつつき方がとってもむずっかゆくて、かわゆくて、お魚がどっかへ行かないように、しばらくの間静かに突っ立っていました。

どうやらお魚たちは私の角質を突っついていたようで、随分と私の足が汚かったみたいです 
お魚さん、足をキレイにしてくれてありがと~。

そうそう。セノーテのまわりにはイグアナ君たちもいました
IMG_6031_convert_20160414101919.jpg

聖なる泉につかり、お魚さんたちと戯れ、めいっぱい楽しんだ後、ズィビルチャルトゥム遺跡の博物館を見て、メリダに戻りました。

メリダに戻って、かる~く食事をした後、州庁舎へ。

前日はデモが行われて中に入れなかったのですが、この州庁舎にはマヤ文明をテーマとした壁画が有名で、なかなか見ごたえがありました。
R0020478_convert_20160414102119.jpg

夜はAl君の姪っ子ちゃんとまた落ち合いディナーへ。

この日は姪っ子ちゃんがお世話になっているホストファミリーのママがお勧めしてくれたメキシコ料理のレストランへ行きました。
R0020485_convert_20160414102054.jpg

メリダの中心地からちょっと離れていて、レストランに入ると、私たちの他に1組しかお客さんがいなくて、がら~んとしていたのですが、出てきたお食事は超美味

私が頼んだのはタコスだったのですが、このタコスのトルティーヤは二枚重ねになっていて、その間にビーンズのペーストが挟まっています。
R0020486_convert_20160414102034.jpg

これはホント~においしかった♪

こちらはAL君のポーク。これもこの地域の伝統的なお料理なのだそうですが、と~っても美味。
R0020487_convert_20160414102018.jpg

姪っ子ちゃんとは、その後私たちのホテルの近くでカクテルを飲みながら、さらに積もる話に花を咲かせました。

姪っ子ちゃん大好きなAL君はと~っても楽しそうにしていました。

異国の地で再会して、彼女の学校やいろんな体験を聞くのはとても楽しいひと時でした。


R0020491_convert_20160414101955.jpg


**************************************

*ツイッターをはじめました♪ ふぉろーみー @SakuraChanNY

*ランキングに参加しています。ポチポチッと押していただくと嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。