Admin New entry Up load All archives
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

聖なる泉 セノーテ

今回の旅は、いつ、どこで、何を見ようかおおざっぱな行程は立てていましたが、机上ではわからなないこともあるし、現地で面白そうなものを見つけたらフレキシブルに行程を変えていこう、と考えていました。(それが個人旅行の醍醐味♪)

で、この日は、カバー遺跡とラブナ遺跡を見ることは決めていたのですが、その後の過ごし方にはいくつかのオプションがありました。

① カバー遺跡とラブナ遺跡を見たら、メリダに戻りのんびりする。

② ウシュマル周辺には遺跡が数多く点在しているので、カバー遺跡とラブナ遺跡以外の遺跡(サイル(Sayil)やシュラパック(Xlapak)など)を観に行く。

(※この辺りは”The Puuc Route("プウク街道”(プウク様式の遺跡が点在するのでそれをつなぐ街道)と呼ばれています。Puuc(プウク)はマヤの言葉でユカタン半島中央の丘陵地帯という意味で、この辺りのマヤ遺跡群はプウク様式と呼ばれています。プウク様式は、建築物の壁一面に彫刻を施した石を組み合わせて様々なモチーフで飾っているのが特徴です)

③ ちょっと遠回りになるけど、セノーテ巡りをする。

①のオプションはもともと考えていた行程だったのですが、メリダからウシュマルまでの道のりが簡単でスムーズだったので、これじゃあつまんない。

②は、ウシュマル周辺の小さな遺跡群は隣接していて回りやすいし、いろんな遺跡を見るもの楽しいかな~、と。でも遺跡大好きな私は楽しめるけど、そうじゃないAL君やHさんにとっては、一日に4つも遺跡を見るのは飽きてしまうかも、と思っていました。

③は、メリダ周辺をリサーチしていた時に、メリダから一時間半位のところに3つのセノーテがあるのを見つけました。どうやらここにはメリダからツアーで行くのが主流なようですが、ツアーに参加すると朝9時~5時までで、今回は時間的にムリだとあきらめていました。

でも、前日調べてみると、ちょっと遠回りになるけれど、ラブナ遺跡を出てセノーテに行っても、夕方6時頃にはメリダに戻れるかも、ということがわかりました。

しかし問題はそのセノーテの場所。

セノーテの名前はCuzama Sinkhallというので、Cuzama村の近くにあるらしい、というのはわかったのですが、肝心のセノ―テはどこにあるのかがわかりません。ところが前日プールサイドでラストチャンス!と調べていたら、どうやらCuzama村の南にあるChunkananという村にあるようだ、ということがわかりました。

わかっていることは、これだけ。

でも、どうやら小さい村みたいだし、絶対に行ったらわかる気しかしなくて、恐る恐るAL君とHさんに聞いてみました。

↑のような3つの案があって、たどり着けるかわからないけど、セノーテに寄ってみたいと思うんだけど、どう?

そうしたら、なんと二人ともセノーテに行ってみよう、と言ってくれるではないですか。

言い出しっぺの私がこれには驚きました。

ええ~っ。いいの~? 辿り着くかわからないんだけど~。

でも今回の私には最強の旅のお供がいました。i PodのAthena(アテネ)ちゃん (私は持ち物に名前を付けるのが好きなのです。ギリシャ神話の智慧の女神にちなんで名付けました)

今回は海外でのロードトリップだったので、Simカードが使える版のi Podを思い切って買ったのですが、これが大正解でした。もうね、ロードトリップはAthenaちゃんがいなかったらあり得なかったです。異国の地でも、今どこにいて、どこに向かっているのかがわかるだけではなく、どのくらいの時間で着きそうかまでわかるなんて、ホントありがたい。カンクーンに着いてすぐにSimカードを購入したのですが、約$30で3GB。この価格であらゆる場面でi Podが使えるなんて。

ナビだけじゃなく、AL君の姪っ子ちゃんと会う時も、レストラン指定で会うことになってもAthenaちゃんが今の位置からどう行けばいいか教えてくれるし、とにかく大活躍でした。Athenaちゃんなしで、この旅行はあり得ませんでした。

さて、話を戻すと、そういういきさつがあって、ラブナ遺跡を出た私たちはChunkanan村を目指して車を走らせました。

ラブナ遺跡を出た後は、ずっと運転してくれたAL君に変わり、私がChunkanan村まで運転することにしたのですが。。。

運転するのは問題ないのだけど、ひとつだけAthenaちゃんにもわからないことがありました。

そこまでの道が悪路だってこと。

特にラブナ遺跡を出てから1時間位、Pothole(道に空いた穴)だらけ。

その大きさもハンパなくでかいものが多く、50㎝以上のでかい穴がボコボコ、あっちこちにあるのです。しかも避けようと思っても、道の両側にあって避けようがない場合や、運よく避けても、すぐ次に穴が空いていて、ひとつ避けても次のは避けられない、とか、もう、罰ゲームとしか思えないほどの悪路でした。

あまりにも凄すぎて、笑うしかない、という。。。

しかもかなりクネクネの道で、リアリティのあるTVゲームのようでした。

運転していたので、写真やビデオがないのが残念。

この時、助手席にはHさんが座ってナビをしてくれていたのですが、Pothole探しに余念がなく、”あっ、次は右、次は左~”と叫んでくれていたので、もちろん写真やビデオを撮るなんて、余裕はなく。

おかげで、運転中眠くなることなく、スリル満点で、気持ち的にはアッという間に目的地につきました。(笑)

さて、Athenaちゃん上ではChunkanan村に着いたのですが、肝心のセノーテの場所はわかりません。なので、村に着いてすぐに立ち話をしている人に聞いてみました。

セノーテの場所はどこですか~?

そうしたら、その中の1人がジェスチャーで着いてこい!と言い、自転車で誘導してくれました。
ほんの数分走って、着いたところがここ。
IMG_6458.jpg 

3つのセノーテに行くには、馬が引くトロッコに乗る、と聞いていたのですが、その乗り場がここでした。やった~。辿り着いた~!

ここで必要な荷物だけを持ち、ライフジャケットをレンタルし、トロッコに乗り込みました。

最初に着いたセノーテはここ。
IMG_6466.jpg

洞くつの下にセノーテがあるようです。
IMG_6468.jpg

階段を下りていくと、
IMG_6495.jpg

セノーテです。
IMG_6471.jpg

鍾乳洞の洞くつの中にある、セノーテ。
でもここの水は少し冷たくて、わりかしすぐに出てきました。

次に行ったのがここ。最初のセノーテから歩いてすぐのところにありました。
IMG_6499.jpg

ここも地下に潜るようですが、さっきのよりもなんか凄そう。。。
IMG_6500.jpg

人がすれ違えないほど狭くて急な梯子を下りていくと、こんなセノーテが下に見えてきました。
IMG_6502.jpg

上を見上げるとこんな感じ。
IMG_6507.jpg

肝心のセノーテは、こんな感じです。
IMG_6510.jpg

多分10人も入ったらいっぱいになりそうな大きさで、頭上にあるライトの光だけが頼り。私たちがちょうどセノーテを出る時、ライトが切れたのですが、ライトがないと真っ暗闇でした。

そ~んな、雰囲気満天のセノーテ。

水は最初のセノーテより暖かめ。私たちが行ったときは、我々と写真の家族だけだったので、ひっそりとして、とても神秘的でした。

ところで私たちがプカプカとセノーテで泳いでいると、メキシコ人の男性が声をかけてきました。

”あの~、日本人ですか?”と、日本語で。

この方はメキシコの大学で、日本語を勉強されていたことがあり、日本語がしゃべれるそうなのです。こんなところで日本語がしゃべれるメキシコ人にお会いできるなんて、面白いものです。

さて、第二のセノーテを満喫した後は、また馬の引くトロッコに乗って移動でした。
IMG_6639.jpg

しばらくトロッコに揺られて着いたところは。。。
IMG_6516.jpg

最初の二つと比べてかなり大きなセノーテでした。
IMG_6518.jpg

ぽっかりと大きく空いた洞くつに階段を伝って降りていくと、
IMG_6531.jpg

真っ青なセノーテが見えてきました。
IMG_6534.jpg

この水の青さ、伝わりますでしょうか?
IMG_6541.jpg

この日はあいにくの曇り空。しかもこのセノーテに着いたのは午後だったので、光がイマイチだったのですが、それでもこの青さ、です。
IMG_6546.jpg

しかも水の透明度が高い!洞くつの中まで泳いでいっても、下が透けて見えるのです。
IMG_6588.jpg

あまりの透明度の高さに、ず~っと下を見ながら泳いでました。
IMG_6604.jpg

ここのセノーテは本当に素敵な場所でした。いくら泳いでいても飽きない♪
IMG_6621.jpg

聖なる泉、セノーテで癒されたのか、普通なら泳いだ後はものすご~く疲れるのに、なんか体中がエネルギーに満ちて、元気いっぱいなのが不思議です。
IMG_6628.jpg

辿り着くまでは、ホントにたどり着けるのかしらん、と半信半疑でしたが、行ってよかった~。

秘境感満載の3つのセノーテ
メリダに行く機会があったら、この3つのセノーテ巡りはおすすめです♪

************************************** 
*ツイッターをはじめました♪ 
ふぉろーみー @SakuraChanNY

*ランキングに参加しています。ポチポチッと押していただくと嬉しいです♪

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

人気ブログランキングへ




関連記事

コメント

セノーテ!

Sakuraさん,こんにちは~。
コメントは久しぶりですがSakuraさんのBlogは毎日訪ねていますよん。
セノーテ!キレイですね~、秘境感たっぷり。
さっそく調べちゃいました。
訪ねたい場所がまたひとつ増えました。
いつも魅力的な場所へ旅されていて羨ましいなぁ~。
更新たのしみにしていますね。

Re: セノーテ!

Sfogliatelleさん

こんにちは~。コメントをありがとうございます♪ 最近さぼり気味のブログですが、見てくれていたのですね~(涙)
そんなうれしいコメントをいただくと、気をひきしめて、ちゃんとブログを書かなきゃ、という気になります。

セノーテ。もう調べられたのですね~。

メキシコ、ユカタン半島には、それこそたくさんのセノーテがあって、カンクーンの近くにも、これから書く、チチェンイッツア遺跡やテュルム遺跡の近くにも大きくてステキなセノーテがあるみたいです。時間があったらもっとまわりたかったです。

でも、このメリダの近くの3つのセノーテは秘境感たっぷり。なんと言っても馬が引くトロッコに乗らないと辿り着けないというのがミソです(笑)。

> 訪ねたい場所がまたひとつ増えました。

きゃ~っ。そう思っていただけると嬉しいです♪

メキシコ、ユカタン半島は、ハイウェイも運転しやすいですし、人も優しいし、物価も安く、しかも見どころ満載なのでお勧めです♪

これから後もイロイロな場所が出ていますので、更新を楽しみにしていてくださいね~。

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。