Admin New entry Up load All archives
     

チチェンイッツアの遺跡

ズィヴィルチャルトュム(Dzibilchaltum)の遺跡を後にした私たちが次に向かったのは、チチェンイッツァの遺跡。

ズィヴィルチャルトュムの遺跡から約2時間位で到着しました。

さて、この日は春分の日。

チチェンイッツアでも、春分の日はあるものが見られるため大勢の人がここにやってきます。
そのため、この日は交通規制がかなり厳しくなります。

私たちがチチェンイッツアの遺跡に着いたのは朝9時頃。
この日は一般用の駐車場は別なところに設けられ、シャトルで遺跡に行くしくみになっていたようで、すでに長蛇の列ができていました。

そんな様子を横目に我々は、この日の宿泊先を目指して進みます。

この日は、チチェンイッツアの遺跡に隣接するMayaland Hotel & Bungalowsに予約をしていました。

私たちが春分の日にチチェンイッツアに行く、と決めて一番最初にしたのが、このホテルの予約でした。これが大正解

Mayaland Hotelの敷地に入ると、駐車場にたどり着くまでに2度ほどホテルの予約の確認を求められました。フロントで私たちの予約が確認できると通してくれる、というセキュリティの厳しさです。

到着したのが早朝ということもあって、とりあえず荷物をホテルに預け、我々はチチェンイツッアの遺跡観光に出かけました。

このホテルは、宿泊者のための遺跡への専用入り口があって、ほとんど並ばずに遺跡に入ることができました。(あとで一般用の入り口をちらっと見たのですが、この日はものすごい人で、チケットを購入し、遺跡に入るだけでもかなりの時間がかかりそうでした)
IMG_6857.jpg

遺跡の敷地内に入ると、こんな遺跡が出てきました。
IMG_6860.jpg

しばらく歩くと、出てきました~。

ククルカンのピラミッド、またはエルカスディージョ(El Castillo)
IMG_6863.jpg

高さ25m。9層の基壇を持ち、メソアメリカのピラミッドとしては珍しく、四面すべてに階段が設けられています。
IMG_6865.jpg

実はここに来るのは2回目の私。

前回訪れたのは90年代半ば。実に20年ぶりの再訪です。
当時はこのピラミッドに登ることが出来ましたが(その時、うっひゃ~っ。ピラミッドに登っていいの~?と驚きました)、今はもちろん登ることができません。

側面にはククルカン(羽毛の蛇)の装飾が見られます。
IMG_6872.jpg

口を開けてベロを出しています。
IMG_6875.jpg

このククルカンについては後ほどもう少し詳しく書くことにします。

ククルカンのピラミッドの背後に見えるのは戦士の神殿。
IMG_6895.jpg

上段には、ひざを曲げ、頭を起こして半臥しているチャック・モール像が見えます。チャック・モール像には生け贄の心臓を置いたといわれています。
IMG_6893.jpg

ククルカンのピラミッドからは数多くのサクベが伸びています。
最も広い道は、かつて生け贄や供物が捧げられていたセノーテに通じています。

サクベ沿いにはたくさんのお土産屋さんが並んでいました。
IMG_6925.jpg

以前行ったときはこんなにお土産屋さんが並んでいたっけ?

でもかわいいものを見っけ。
IMG_6862.jpgIMG_6921.jpgIMG_6922.jpgIMG_6923.jpg

アロロみたいなのもいました。
IMG_6927.jpg

チチェンイッツアの「聖なる泉」セノーテ。
IMG_6916.jpg

セノーテには、日照りの時期に若い処女が人身御供として捧げられたり、貴金属などの奉納品が捧げられました。

ジャガーと鷹の台座。
IMG_6933.jpg

IMG_6934.jpg

ツォンパントリ(El Tzompantli)頭蓋骨の台座
IMG_6940.jpg

生け贄の骸骨を大衆にさらす場所。この儀式はマヤの伝統的な文化とは異質のもので、後年中央高原から来た文化だったのだそう。骸骨それぞれ表情が違っているのが興味深い。

球戯場。
IMG_6961.jpg

チチェンイッツアの球戯場はデカい。

マヤ人にとっての球戯は、娯楽ではなく、豊穣の神に祈りを捧げる宗教儀式で、手を使わずに壁の上部にある穴にボールをくぐらせるものでした。
IMG_6958.jpg

そして勝ったチームのキャプテンが生け贄として捧げられたのだそう。

さて、これらのエリアは新チチェンイッツァと呼ばれる区域。

10世紀以降、後古典期にトルテカなどの中央高原の文化を取り入れ、マヤとトルテカ文化が融合し栄えたのがこのエリアでした。

この地域に隣接したところに、旧チチェンイッツァと呼ばれる区域があります。

旧チチェンイッツァは、6世紀ころのマヤ古典期に属し、マヤ独自の特徴が見られます。

前回チチェンイッツアを訪れた時は、カンクーン発のツアーで来たのですが、その時は自由時間にエルカスティ―ジョに登るか、旧チチェンイッツアに行くかの二者択一で、前者を選びました。なので前回は旧チチェンイッツアは見ていませんでした。

そこで今回は旧チチェンイッツアを是非見たいと思っていました。

高層の墳墓。ピラミッド型神殿です。
IMG_6976.jpg

かつては崩壊が激しく原型をとどめていなかったそうですが、修復作業が完了し、今の姿になったそうです。

ここにも階段の脇に蛇の装飾がほどこされています。
IMG_6982.jpg

ピラミッドの左側にあった石柱。
IMG_6985.jpg

これは図をみると、この小型ピラミッドの上に立てられていたとされる石柱を復元したもののようです。
IMG_6988.jpgIMG_6989.jpg

古代マヤ人の天文台、カラコル。
IMG_6999.jpg

今回絶対に見たい、と思っていたのがこれです。

9mの台の上に、高さ13mの観測台が載っています。

カラコルはかたつむりの意味を持ち、内部にはかたつむりのような形をした螺旋階段を備えており、数少ない円形建造物であるのが特徴です。

ドームの2回には小さな窓が設けられており、天文学者でもあった神官たちは、この窓から天体を観測していたと言われます。
IMG_7005.jpg

天文台の台座の正面は、金星が最も北に沈む方向(真西から27.5度北)に向いているそうです。

金星の神殿。
 IMG_7046_20160516053421bee.jpg

ククルカン=ケツァルコアトル神を祀った神殿で、天に昇ったククルカン=ケツァルコアトル神が、明けの明星にかわったという伝説に基づいた壁面がみられます。(←この話はあとで知ったため、見逃しました。クスン)

右手に見える大きなピラミッド型神殿。
IMG_7007.jpg

尼僧院。

IMG_7025.jpg 

ここは古典期(3~9世紀)につくられた建物。ここの装飾は今まで見てきたプウク様式のデザインで、芸術性にとても長けていました。

蛇のモチーフ
IMG_7026.jpg

幾何学模様。
IMG_7028.jpg

神殿の中。
IMG_7035.jpg

私は旧チチェンイッツアのエリアに入ってから、なぜかホッした、というか、懐かしいような、肌になじむような感覚を感じていたのですが、ここに来てどうしてこう感じたのかがよくわかりました。

ここはマヤ独自の様式で、まだトルテカ文明の影響を受けていない時代だったのです。

どうやら私はマヤの古典期ぐらいまでの時代が好きでしっくりとくることがわかりました。

絶対に見たかった、旧チチェンイッツァを堪能し、Mayalandホテルに戻ることにしました。
IMG_7051.jpg

このホテルでは、ツアーのグループ用にランチにバフェを提供しているようですが、ホテルの宿泊客は、レストランでアラカルトの食事も可能です。

私たちは静かにゆったりと食事をしたかったのでレストランで食事をいただきました。

まずは冷たいビールをくぴっ。
IMG_7052.jpg

サーモンバーガー。
IMG_7053.jpg

このパテがサーモンなのですが、とっても美味で食べ応えがありました

ホテルのロビーに飾られていたポスター。パバロッティがチチェンイッツアで歌ったのですね。遺跡で彼の歌声を聴くなんて、なんてステキなんでしょう。
IMG_7054.jpg

ちょっとググってみたら見つけました。こんなコンサートだったのですね♪ステキすぎるぅ~。


...長くなったので、続く。


************************************** 
*ツイッターをはじめました♪ 
ふぉろーみー @SakuraChanNY

*ランキングに参加しています。ポチポチッと押していただくと嬉しいです♪

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

人気ブログランキングへ



関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR