Admin New entry Up load All archives
     

「旅をする木」 星野道夫

この間、アラスカについて聞かれました。

「アラスカっていいの?」

随分前になりますが、アラスカを旅したことがあります。

当時アラスカ観光局は、アラスカを”ラスト・フロンティア(最後の開拓者)”というキャッチフレーズでプロモートしていたのですが、それがなんとぴったり、しっくりとくる場所なんだろう、と思ったのを覚えています。

氷河の崩れる音
寒い海水の中を、Killer Whales (オルカ)が、ボートにそって優雅に泳ぐ雄雄しさ
カリブーの大群が原野を駆け抜けるさま
マッキンリーの頂から、大きなうねりをあげて流れる氷河の力強さ

粗削りな自然がむき出しで、自然の原型がそこにそのまま残っている、そんな感じの場所でした。

その時そんな話をしたのですが、アラスカについて尋ねた方がアラスカについて興味を持ったのは一冊の本を読んだことがきっかけだと話してくれました。

それが星野道夫さんの「旅をする木」だったのだそうです。

星野道夫さんは、アラスカに住み活躍された写真家、作家と多彩な活躍をされた方で、クマに襲われて亡くなった、ということは知っていました。彼の写真集を見たこともあったので興味がわき、本を貸していただきました。

その本には、アラスカや彼が旅を通して見たこと、感じたことが書かれているのですが、彼の奏でる言葉の美しさに魅せられました。

そして私が心の中で日ごろ漠然と感じていたことを、彼が言葉で表現している場面にたくさん遭遇し、そうそう、こう私は感じているのよ~、と共感しながら読みふけりました。

彼の表現する言葉があまりにも巧みで、キラキラ光る宝石が沢山散りばめられたようなエッセイに、読むのがもったいなくて、ゆっくり言葉をかみしめながら読みました。いつも急かされたように生きている私としてはとても珍しいことです。

旅好きの私が、いつも旅先や旅の後に感じる思いと重なる言葉がとくに印象的でした。
こんなに心を洗われるような表現を読んだのは久々で、心が揺り動かされたので、折角なので、気に入った言葉を書き留めておきたいと思います。

b0090508_1944060_convert_20160827104130.jpg 
 
「私が東京であわただしく働いている時、その同じ瞬間、もしかするとアラスカの海でクジラが飛びあがっているかもしれない、それを知ったこと……」

「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地の差ほど大きい。」

「人生はからくりに満ちている。日々の暮らしの中で、無数の人々とすれ違いながら、私たちは出会うことがない。その根源的な悲しみは、言いかえれば、人と人とが出会う限りない不思議さに通じている。」

「その日その日の決断が、まるで台本のない物語を生きるように新しい出来事を展開させた。それは実に不思議なことでもあった。バスを一台乗り遅れることで、全く違う体験が待っているということ。人生とは、人の出会いとはつきつめればそういうことなのだろうが、旅はその姿をはっきりと見せてくれた。」

「世界の広さを知ったことは、自分を解放し、気持ちをホッとさせた。ぼくが暮らしているここだけが世界ではない。さまざまな人々が、それぞれの価値観をもち、遠い異国で自分と同じ一生を生きている。つまりその旅は、自分が育ち、今生きている世界を相対比して視る目を初めて与えてくれたのだ。」

「誰もが何かを成し遂げようとする人生を生きるのに対し、ビルはただ在るがままの人生を生きてきた。」

「誰だってはじめはそうやって生きてゆくんだと思う。ただみんな、驚くほど早い年齢でその流れを捨て、岸に辿り着こうとしてしまう」

「結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。そして最後に意味をもつのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間である」

「頬を撫でる極北の風の感触、夏のツンドラの甘い匂い、白夜の淡い光、見過ごしそうな小さなワスレナグサのたたずまい……ふと立ち止まり、少し気持ちを込めて、五感の記憶の中にそんな風景を残してゆきたい。何も生み出すことのない、ただ流れてゆく時を、大切にしたい。あわただしい、人間の営みと並行して、もうひとつの時間が流れていることを、いつも心のどこかで感じていたい。」

1629901000.jpg 

私がこれからの人生で大切にしていきたい、と思っている言葉もたくさんありました。

彼の出あった風景、人、それを彼のフィルターを通した言葉で表現しているのですが、彼の優しい目線を通して語られた言葉には、自然や人に対する、深くて広い愛情を感じました。

ただ流れてゆく時を、大切にし、
もうひとつの時間が流れていることを、
いつも心のどこかで感じながら生きていきたい。

こんなふうに私もこれからの人生を過ごしていけたらな~、と思ったのでした。

*********************

さ~て、明日からニューヨークを離れます。
またいろんなことを感じる旅になるといいなぁ。

不在中はツイッターで時々つぶやくかもしれませんので、時間があったらブログを覗いてみてください♪ (ツイッターはブログの右にリンクを貼っています)

それでは~。


************************************** 
*ツイッターをはじめました♪ 
ふぉろーみー @SakuraChanNY

*ランキングに参加しています。ポチポチッと押していただくと嬉しいです♪

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

人気ブログランキングへ







関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR