Admin New entry Up load All archives
     

映画 「Never Let Me Go (ネバー・レット・ミー・ゴー)」

秋になると、オスカーを意識したいい映画が続々と封切りになる。

気になる映画が目白押しで、これから年末にかけて忙しくなりそうだ。

そんな気になっていた映画の一つ「Never Let Me Go(ネバー・レット・ミー・ゴー)(原題)」を観に行ってきた。

Never Let me go 1


この映画は、作家カズオ・イシグロの小説を映画化したものだ。(日本語では「私を離さないで」というタイトルで本がでている)

監督はマーク・ロマネク、主演女優は”An Education(邦題:17歳の肖像)”でオスカーにノミネートされた若手女優、キャリー・マリガン。

私はプレビューで見た美しい風景に惹かれ、物語についてはほとんど知識なしで映画を観た。

舞台はイギリス。田舎にあるへールシャムの寄宿学校で、子供時代を過ごした少年、少女達の物語。彼らは外界から保護されて育った...。

そんなストーリーが、萩尾望都さんのマンガの世界を彷彿させるようで、どんなものかと楽しみにしていた。

しかし、この美しい自然の中にある学校は、特殊な学校であり、暗い秘密が隠されていた...

Never Let me go-2


運命に翻弄され、あがなうこともできず、与えられた人生を生きなければならない主人公達。美しい風景と相対する、残酷な人生。

他者によって定められた人生を受け入れ、人生を全うする。彼らは、あの特殊な学校で、自分に定められた義務についてを教え込まれた。

理不尽だとは思いつつも、与えられた運命を「受け入れ」て、その中で生きる。

私なんかは、生まれ育った環境から「選んで」海の向こう側に移り住んでしまった。自分がこんなだからこそ、そこから逃げ出さず、そこに留まる道を「受け入れて」生きた人たちの話に、こんなにも過敏に反応するのかもしれない。

あがなわず、自分の定められた状況を受け入れる。こういう世界観が、カズオ・イシグロの作品に”わび・さび”がある、と言われる所以であろう。

それにしても、さっき観終えたばかりなので、まだ記憶に生々しく、心がとても痛む。

主演キャリー・マリガンの、映画の最後に語るナレーションが、耳に残る。

後味が悪いけれど、しっとりとした、とても心に残る作品だ。

Never Let Me Go Trailer

**********************************************

ランキングに参加しています。
下の↓バナーをクリックしていただけると、励みになって嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキングへ

外はすごい勢いで風が吹いています。明日も雨の予報です...
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR