Admin New entry Up load All archives
     

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」

90年代の後半、マシュー・ボーン(Matthew Bourne)の「白鳥の湖(Swan Lake」は、超話題作で一世風靡した。

95年ロンドン初演のこの舞台は、98年にニューヨーク・ブロードウェイに進出。1999年のトニー賞で様々な賞を取った。

男性が「白鳥」を踊る、という斬新な演出で、世間をあっと言わせたのがこの作品だ。

当時、この「白鳥の湖」を観に行きたかったのだが、仕事が忙しかったのと、チケットも手に入らなかったのであきらめた。しかし、ず~っと”行けばよかった”と後悔していた。その後、DVDで舞台を観たが、あ~、やっぱりナマで観たかったな~、と大後悔...

そんな苦い思い出のあるマシュー・ボーンの「白鳥の湖」がまたニューヨークにやってきた!

Swan Lake 1

今回は10月13日から11月7日までの公演だ。

この公演のポスターに”See it! Or live to regret it!"というタグラインが入っていた。これって、まさに私のこと。思わず笑ってしまった。

チケット代は私にとってはお高かったが、また後悔してはならぬと(笑)、行くことにした。

買ったチケットは初演の昨日。朝から期待でワクワク・ドキドキであった。

演出家マシュー・ボーンの「白鳥の湖」は、チャイコフスキー作曲のバレエ「白鳥の湖」を基にしているが、バレエというジャンルには納まらぬ、新しい解釈で創られたDance/Theater(ダンス/演劇)だ。ストーリーもひねられており、クラッシックな「白鳥の湖」とは似て異なるシロモノである。

この舞台、最初から最後まで、目がくぎづけであった。

感想は、“WOW!”

あ~、やっぱり行ってよかった!

母親の愛を十分に受けることなく育った王子が、生命力溢れ、自由に羽ばたく白鳥たちに出会い、孤独な心が癒され、心をとりもどす。

男性が踊る「白鳥」は、力強く、優雅でダイナミック。優雅でダイナミックというと対極のように思うが、彼らの踊りは、繊細な美しさも秘めていながら、男性のパワフルさも同時に兼ね持っている。

Swan Lake 5

その中でもThe Swanが踊る白鳥は、パワフルでセダクティブ。そしてセンシュアル。

ゾクゾクするほど妖艶でセクシー。

こんなSwanがいたら、たとえ危険な世界に入ってしまうとわかっていても、そのままなす術もなく落ちてしまいそうだ。

この舞台にはマシュー・ボーンの、この作品に対する深い愛情が感じられた。

ユーモアもたっぷりちりばめられており、エンターテイメントとしても十分楽しめるように創られているが、それだけではない。

愛への飢餓、依存、拒否、愛の喪失、憧れ、落ちてはならぬ恋に落ちる、裏切り、といった、チャイコフスキーが作曲した年代から、今も変わらぬ人間の普遍的なテーマを真正面からとらえ、深く掘り下げて表現している。

その表現の仕方が実にユニークだ。この舞台がバレエのジャンルに入らないというのは、表現の仕方にある。ダンサーは、踊りながら体で表現すると同時に、役者として同時にドラマ(演劇)でも表現している。

言葉はないのに、ビンビンと彼らの感じていることが心に伝わってくる。それがDance/Theaterと言われる所以で、だからこんなにパワフルで観る人の心を打つのだと思った。

Swan Lake 4

Playbill(劇場パンフレット)にも書かれていたが、この「白鳥の湖」が世に出て15年目。95年初演というと、世の中はエイズのキュアが出てきた頃。まだゲイに関しては今ほど受け入れられていなかった時代だ。そんな時にこんなカッティングエッジの舞台が生まれたのだ。

しかし、時代に即して生まれたカッティングエッジな作品は、時と共に斬新な新鮮さをなくしてしまうものが多い。でも、今回のリバイバル「白鳥の湖」は、今現在の世の中に合うように手直しがされ、今見ても十分楽しめるようにできていたのもすごい。

写真を見ると、またあの魅惑的な魔力の世界に引き込まれてしまいそう。

DVDで観るのもいいけれど、やはり舞台で見るのは違う。

出来ることならもう一度観たい!!

Matthew Bourne's "Swan Lake" Tkt購入/Infoはこちら

**********************************************

ランキングに参加しています。
下の↓バナーをクリックしていただけると、励みになって嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキングへ

この作品、また観たい作品だけど、夜中の寝室にこの白鳥たちが出てきたらちょっと怖いかも...(笑)

関連記事

テーマ : ダンス
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

マシュー・ボーンのSwan Lake

はじめまして。いつもブログを楽しく読ませて戴いております。
マシュー・ボーンの白鳥の湖、私も来月観に行く予定なので楽しみです!

6月東京公演でも人気だったとか。DVDも出てたんですね。
アダム・クーパーが踊ってるんでしょうか?映画リトル・ダンサーのラストシーンを思い出します。

Re: マシュー・ボーンのSwan Lake

Duck Walkさん、はじめまして。コメント、どうもありがとうございます!

Duck Walkさんはバレエや美術館巡りがお好きなんですよね。私もブログを拝見させていただいています。

マシュー・ボーンの白鳥の湖、来月観に行かれるのですね。劇場で観ると、迫力があります。ご覧になられたら感想をお聞かせください!

日本でも公演があったんですね。私も、今回観に行ってから知りました。

DVDではアダムクーパーが白鳥を踊っていました。とても妖艶で美しい白鳥だったのを覚えています。コレを観て、自分がミスったものがどんなものだったのかわかり、後悔したのです(笑)。アダムクーパーの白鳥、観たかったですね~。

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」について周りの人に話すと、ピンとこない人も、映画リトル・ダンサーのラストシーンについて言うと、”あ~、アレね!”と、皆わかるようです。

これがきっかけに、マシュー・ボーンの他のプロダクションもニューヨークにもっと来ないかな~、と期待しています。
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR