Admin New entry Up load All archives
     

山岸凉子 「パエトーン」を読んで、原発について考える

「日出処の天子」などで有名な、山岸凉子さんが1988年に書かれた作品「パエトーン」。

ギリシャ神話に描かれた、神になり代われると思いあがった半神パエトーン。この物語を現代に置き換え、原子力発電の是非について問いかけた短編作品。

この作品が書かれたのが1988年、というのがすごい。

23年も前に、すでにこういうことが起こると推測され、このような作品を発表されているとは。

というか、今までこんな危機が起こらなかったほうがラッキーだったと言うべきか。
いいえ、いろいろな危機は起こっていたけれど、きちんと問題に対峙せず、見過ごしてきてしまったのだ。

でも今回のことで、もう無知ではいけないと思い知らされた。

この作品は、とてもわかりやすく原発について書かれている。原発について、どうもわかりずらい、という方にも、原発について考えるきっかけ、入り口となればいいなと思う。

この作品が特別ウェブサイトで公開されているので、まだ読んでいない方はこの機会に是非どうぞ。

「パエトーン」を読む

*******************************************************

クリック募金を始めました。1回クリックするだけで1円募金ができます。

JWordクリック募金


こちらもクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

東日本大震災では、地震と津波だけだったら、我が国日本は大変だけれども立ち直れたでしょう。でも、原発問題で、復興の兆しが見えません。私もまだまだ原発のことについては学んでいる最中なのですが、学べば学ぶほど、何故、我々は原発が必要だと思っていたのか、許していたのかが、不思議でなりません。

もう過去は変えられないので、”知らなかった”のは仕方ないとして、地球に住む一人として、このまままた原発を見過ごしてしまってもよいのか、と問いかけた時に、こういう気付きのチャンスをもらっておきながら、しかも自国でこんな惨状が起こっておきながら、また見逃してしまったとしたら、自分にも責任が生じてくる、と思いました。

> 今自分ができる事を一歩一歩していきたいと思います。私も読んでみます。
この漫画が、少しでも原発について考えるきっかけになっていただければ、私も嬉しいです!ページ数も少ないのであっという間に読めちゃいます。是非読んでみてください!

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR