Admin New entry Up load All archives
     

マリインスキー・バレエ 「カルメン組曲 / Symphony in C」

最近、アートネタが随分とご無沙汰してしまっていますが、久々のアートの話です。

***

ちょっと昔までは、夏になるとアート界も夏休みに入り、催し物がめっきりと減ったものだが、今は夏の観光客や、夏でも地元に残る人たちのために、ニューヨークでは夏のイベントが盛り沢山だ。

毎日あちこちで行われるイベントに、あれも行きたい、これも行きたい、と思いながら、全部行くわけにもいかず、泣く泣く難しい選択をせまられている。


でも今年の夏、特に注目していたのが、「リンカーンセンター・フェスティバル(Lincoln Center Festival)」。

とにかく面白そうな演目が目白押しなのだ。


そんな素晴らしい演目の中からいくつか選んだもののひとつが、マリインスキー・バレエ(Mariinsky Ballet)の公演だった。

ロシアからのマリインスキー・バレエ(旧キーロフ・バレエ)は、ニューヨークでは10年ぶりとなる公演。

今回の演目では、気税の振り付け家、アレクセイ・ラトマンスキーの「イワンと仔馬(Little Humpbacked Horse)」や、ロシアの文豪トルストイ原作の「アンナ・カレーニナ」が注目を浴びていたようだが、私は、ビゼー原曲の「カルメン組曲(Carmen Suite) / Symphony in C」(振り付けアルベルト・アロンソ)の演目を選んだ。

オペラ好きの私は、やっぱりオペラとの違いや比較を楽しみたいのだ。


この「カルメン組曲」は、ビゼーのオペラ”カルメン”をもとにしたもの。だから知っている曲が満載で、音楽を聴いているだけでもとても楽しかった。

もともとオペラ「カルメン」では、カルメンが踊るシーンが沢山ちりばめられている。よってバレエでもそれらの曲を聴きながら、美しい踊りを堪能することができるのが面白い。”Habanera""Seguedilla""Chanson Boheme"などおなじみの曲で、優雅なバレエを観るのはなかなかよかった。

バレエのカルメンは、とても気品のあるカルメンで、上流階級の女性が悪くなると、あんな風な優雅なワルになるんだろうな、というようなカルメンであった。
BALLET Carmen 2

ジプシーとはどうみても見て取れない気品さがついてくる。

カルメン役のDiana Vishnevaは本当に美しく、特に彼女の肌は、真っ白で陶器のような肌をしている。同じ女性とは思えないような美しさ。こんな美しい人に目をつけられたら、どんな男でもついていっちゃうよな~、というところは共通していた。

オペラでいう2幕目のドン・ホセの衣装はショッキング・ピンクのトップに黒いタイツ。対してエスカミーリョは白地に黒いラインのすっきりしたトップ。

二人ともまた見目麗しく、カッコいい。

演出では、ドン・ホセとエスカミーリョの間を”Fate(運命)”役が行ったり来たりする。

BALLET Carmen 1

オペラではFate(運命)はもう既に予言されていて、カルメンはそれと知りながらまっしぐらに己の人生に向かって落ちていくのだが、バレエでは揺れる心のうちが表現されていて、彼女の死と共にFate(運命)も倒れる。そこはちょっと違ったところであった。

う~む。このFateの扱いは、個人的にはあまり好きではなかったが、大好きなオペラを、こういった別の形で堪能できたのはとてもとても面白かった。


さて、「カルメン組曲」と一緒に上演されたのが、「Symphony in C」。

この曲はビゼーが17歳の時に作曲したシンフォニー。

17歳にしてこれほどのシンフォニーが書けるとは、やっぱり才能のある人は違う。

ストーリーのあるドラマ「カルメン組曲」と比べ、こちらはとにかく踊りを堪能!という設定。

コスチュームも華やかで美しく、ただただ華麗な世界をエンジョイした。


***

ところで、なでしこジャパン世界一の感動から一夜をあけた今日、取引先のアメリカ人数人から日本優勝の祝福のE-mailをいただいた。(<-これ自体がすごいことだと思う。よっぽどこの試合が注目を浴びていたってことだ。)

皆、日本チームの力強さ、粘り強さ、最後まであきらめず戦うスピリットにとても感銘を受けた、と書いていた。

相手国でありながらも、こうやっていい試合に対しお祝いの言葉をかけてもらえるとは、本当に嬉しい。

それほど沢山の人を魅了したすばらしい試合だったのだと思う。

そんな素晴らしい試合を祝して、今晩のエンパイヤーステートビルは、日本の赤と白でライトアップ!!
Lincoln Summer 2
(丁度雨が降り出して、きれいに写らなかったのが残念。ちなみに昨日はアメリカと日本のカラーの半々のライトアップだったのだそうだ)

このニューヨークの懐の大きさとあたたかさ。

だからこの街が大好きなのである。

*******************************************************

クリック募金をしています。1回クリックするだけで1円募金ができます。

JWordクリック募金


こちらもクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログキングへ


関連記事

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

マリンスキー

カルメンご覧になったんですね!私も気になったのですが、Symphony in Cがバランシン振付だからNYCBでも見られるのでそれ以外の2演目にしました。3年振りにマリンスキーが見られて良かったです。そろそろボリショイにも来てほしいいけど、来年はパリ・オペラ座が来ると言う噂。

Re: マリンスキー

こんにちは、Duck Walkさん。お久しぶりです!

カルメンなかなか面白かったです。私はオペラが好きなので、音楽が知っているものだとよけいに楽しめました。でも多分今回の演目で選ぶなら他の2演目だったと思います。最後まで少なくともどちらかへ行こうか迷いました。Duck Walkさんは二つとも行かれたんですね。すごく良かったみたいでよかったですね!!

ボリショイもパリ・オペラ座も両方とも素敵です!年々パワーアップしているリンカーン・フェスティバル。来年もどんな演目が来るのか楽しみです。

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR