Admin New entry Up load All archives
     

映画 「ヘルプ~心がつなぐストーリー(原題: The Help)」

舞台は1960年代の南部。

主人公スキータ(エマ・ストーン)は大学を卒業後、ミシシッピ州ジャクソンの実家に戻ってきた。保守的な南部に住む彼女の友人達は皆結婚し、彼女の母親も早くスキータに結婚をして家庭を築いてほしいと願っている。
Help 2-1

しかしスキータ自身はジャーナリストになることを目指し、キャリアの第一歩として地元の新聞社でコラムを書く仕事を得る。このコラムは家事についてのノウハウを書くものだったが、家事をロクにしたことがないスキータは、友人のメイドにインタビューを求める。

この頃白人家庭では、黒人のメイドがつき、家事や子育てを一手に引き受けているのが常だった。スキータ自身も黒人のメイドに育てられていた。

彼女達の話を聞いているうちに、スキータは、自分たちはメイドの献身的なお世話によって育てられたこと、しかし黒人女性のメイドたちを使用人としてみて、個人の考えや私生活については何も知らなかったことに気付く。また、彼女達の育ての親のような存在であるメイドに対する女主人の態度があまりにもひどいものであることに今更ながらに気が付く。

やがてスキータは、メイドたちをインタビューし、彼女らの体験や実態を本にまとめようと考え付く。

彼女のコラムの手伝いをしてくれたエイビリーンを説得し、やがて彼女の友人ミニーの協力を得るものの、当時の南部で彼女が試みようとしたことはタブーであり、やがてさまざまな波紋が広がってゆく...。
Help 1-1


主演はエマ・ストーン。エマ・ストーンと言えば、去年「イージーA」でブレイクし、先日の「クレイジー・ストューピッド・ラブ」にも出ていたし、来年の新生スパイダーマンのヒロインにも抜擢された今旬の女優さん。

今まではどちらかというと軽い女の子の役が多かったけれど、この役でシリアスものを演じることで、幅広いキャラクターが演じられる女優への昇華をねらっている。

この試みは大成功で、シリアスな話なのだけど、彼女のユーモアのある存在が、ともすると暗くなりがちなストーリーに笑みを運んでくれる。
Help 3-1


今までは、5月のメモリアルデーから夏の終わりにかけては娯楽作品が多く、9月からオスカーを狙った作品が次々と上演し始めるのが常だったけれど、最近は夏でもこういう良質な映画が上演されるようになり、映画ファンにとっては嬉しい限りだ。

60年代の公民権運動とからめながら、抑圧された人生を強いられた女性達が与えられた人生を辛抱強く生きる生きざま、しかもそんな状態でありながらも人に対する愛情を忘れずに接する黒人のメイドたち、なのに理不尽に扱う白人女性に対する怒りをどう開放していくか、といったアメリカの黒人と白人という重いテーマを、ユーモアをちりばめながら展開していく。

60年代というと、ほんの50年前の話である。

そんな遠くない昔に、公共のバスでは黒人と白人は乗る場所が区切られ、トイレも別々のものを使用することを強いられていた。

そういえば、二十年以上も前に私が南部に住んでいた頃、ある街のレストランで、トイレの入り口の上に”Colored"と書かれた看板を見かけたことがある。その頃何も知らなかった私は、友人に”なにこれ?”と聞き、昔は黒人と白人が同じトイレを使えなかったことを聞いておどろいたのを覚えている。

まだまだ問題は沢山あるけれど、当時に比べると、世の中は少しは進歩しているのだと思う。それは、このように同じ人間同士として人種平等と差別の終焉を呼びかけた、勇気ある人々のたまものなのだ。

私は、こんな風に第一声をあげるにはいたらなくても、せめて誰かが正しいことをしようとしているときに、共感が出来、そして一緒に行動を共にできるようにありたいと思う...。


*******************************************************

クリック募金をしています。1回クリックするだけで1円募金ができます。

JWordクリック募金


こちらもクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログキングへ



関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

50年

こんにちは。
50年って短いようで長いですよね、こんな変化を見ていると。
確かにまだまだ問題山積み。人種間の問題はいつか本当に消えてなくなるのか。。。
経済格差が大きいと、問題解決も簡単には進まなくなりますね。
日本はこれから放射能問題です。。。
中国でも核事故が起きたらしいです。詳細はまだ。。。

Re: 50年

こんにちは。

確かにこの50年でテクノロジーの進化はめまぐるしい発展を遂げていますが、人間のメンタルな部分はテクノロジーの発展の早さんに比べると、全然追いついていないですね。

それでも黒人白人問題は、当時に比べたら少しはよくなってはきていますけど、心の部分は進化が遅いんですね、きっと。

テクノロジーと心の進化の速度が離れすぎて、人々はテクノロジーを崇拝し、テクノロジーに走り、その行く末が原発の乱立。

今日、東海岸で地震がありました。まず来ないと言われていた地震が来たので結構怖かったです。東海岸にも原発がいくつもあります。原発問題について、本当に身近な問題なんだと痛切に感じました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。
残念ながら、差別は今でもあります。黒人に対するものだけでなく、他にもイロイロです。

この映画、私個人的にはとてもよく出来た映画だと思います。機会があったら是非見てください。ローザパークスさんの話は、公民権運動の引き金となった話ですよね。もしそのお話に心を打たれたのなら、この映画も気に入られるかもしれません。

> 大切なのは誰にも見えない心ではないのかなと思います~^^
そうですね。見かけではなく、その人の心がわかるような人間になりたいものです。

私の最後の文章に共感いただいて光栄です。この一文は自分の戒めのために書きました。一人ひとりの一歩は小さくても、その思いは波動を起こし、輪が広がっていくとしたら、やっぱり小さな一歩を踏み出すことには意味があるかな、と。難しいことですが、そういう行動がちゃんと取れる人間になりたいです。


50年

はじめまして。
南部アメリカに興味が湧き、この映画を先日は初めてDVDで観ました。
感動しました。
本当にわずか50年前のアメリカでは普通にこんな差別がおこなわれていたのですね。
映画の中で紹介されるジム・クロウ法も心が痛くなりました。
人間の歴史は本当にまだまだ浅い。
でも希望の光はある。
そう感じました。

Re: 50年

はじめまして。

コメントをどうもありがとうございました。

いいストーリーですよね。

そうなんです。ほんの50年前に、今ではタブーとされているようなことが公然と行われていたのです。それをこういう世の中なんだ、なんてあきらめず、正面から戦った人たちがいて、世の中は変わっていきました。そして今もまだ進化しています。

> でも希望の光はある。
はい。正しいことを正しいと思うこと、それを口に出して見ること、そして行動すること。難しいことですが、少なくともそういう心を持つ人がいる限り、希望はあり、世の中は変えられる、と思っています。

希望

Sakuraさん、お返事有り難うございます。
この映画がきっかけとなり、今アメリカの歴史を勉強しています。公民権運動、奴隷問題、南北戦争、そして先住民との問題など、たくさんの闇、その闇の中で光を信じ、行動した人々の姿を感じています。

> 正しいことを正しいと思うこと、それを口に出して見ること、そして行動すること。

本当にそうですね。大切なことですね。良い作品との出会いに感謝しています。

Re: 希望

こんにちは。コメントありがとうございます。

> この映画がきっかけとなり、今アメリカの歴史を勉強しています。公民権運動、奴隷問題、南北戦争、そして先住民との問題など、たくさんの闇、その闇の中で光を信じ、行動した人々の姿を感じています。
うわ~っ。素晴らしいです! アメリカの歴史を学ぶと沢山の暗い部分に遭遇します。でもこの国の人々はファイターだと思うのです。問題の一つひとつを検証し、立ち上がり、間違ったことを正していく力を持っています。

差別は全くなくなってはいないけれど、今では黒人の方が大統領で選ばれるほどになりました。先住民の問題、公民権運動、さらに女性の権利、ゲイの問題、そういったHuman Right(人権)の問題に正面から対峙し問題を乗り越えようと立ち上がる人がでて、それに共感する人がいて、世の中にその考えが序々に浸透し変化して行くのをこの国にいると肌で感じます。それがアメリカの凄いところだと思います。

映画でもTVショーでも、結構メッセージ性の強い作品が作られ、リベラルなメッセージを発信しています。受け手がちゃんとそのメッセージをどう受けるかは人それぞれなのですが、でもそういう啓蒙活動の積み重ねが少しづつ人々の心を変えているのだと思います。

> 良い作品との出会いに感謝しています。
何かに気付くこと、すばらしいことですよね。私ももっとアンテナを張って、いろんなことに気付いて、考え、自分が正しいと思う道を歩んでいきたいです。
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR