Admin New entry Up load All archives
     

メトロポリタン・オペラ 野外スクリーン公演 プッチーニの「ラ・ロンディーヌ」

さて、今年もリンカーン・センターで行われる、メトロポリタン・オペラHD映像の野外上演を観に行ってきた。
(去年の記事はこちら

Met HD 1

今年で3年目の"Summer HD Festival"は、メトの劇場の前に毎晩2800席が用意され、無料でHDのオペラが観賞できる。今年は8月27日から9月5日まで。

Met HD 2


さて、今年私が選んだ演目は、プッチーニの「ラ・ロンディーヌ(La Rondine(つばめ))」。

このHDは2009年1月10日のレコーディングのものだが、私はこのシーズン、このオペラを観ていた。しかし、アンジェラ・ゲオルギューがすごくキレイでよかったこと以外、ほとんど覚えていない。

思えば2009年1月は前の仕事がイロイロと大変な時期で、思い悩むことが多い日々を送っていた。メトには毎回ぎりぎりセーフで駆け込み。(もちろん残業のため)幕間が上がっても、仕事のことばかり考えていて、オペラが目にうつっていても見ていないことも多々あって、ハッと気付くと大事なアリアが終わっていた、なんてこともしばしばあった。

そんな時期に見ていたものだから、覚えてないのかもしれない。


ということで、まるではじめてみるオペラかのようにはりきって行ってきた。

夜8時開幕なのだが、7時半頃になると席はほとんど埋まっていた。
Met HD 3

プッチーニの「ラ・ロンディーヌ(つばめ)」は、1917年の作曲。プッチーニの晩年の頃の作品だ。

パリのサロンの女主人マグダ(アンジェラ・ゲオルギュー)は、パリでも指折りの銀行家ランバルドの愛人であった。
Met HD 6

ところがランバルドの旧友の息子ルッジェーロ(ロベルト・アラーニャ)と出会い、恋に落ち、二人は南仏ニースで甘い生活を送る。
Met HD 4

しかし請求書がかさみ、ルッジェーロは親にお金の無心とマグダの結婚の承諾をこう手紙を送る。それを知ったマグダは自分が汚れた身の女であると告白し、彼とは結婚できないと告げ、ルッジェーロから離れてランバルドの元に帰っていく。


あらすじは、「椿姫」を彷彿とさせるストーリー。


さすがプッチーニの旋律だけあって、メロディが美しい。

でも今回のオペラは、プッチーニのメロディもよかったが、アラーニャとゲオルギューに拍手をおくりたい。とくにゲオルギューは、ここ最近私が観るはずの演目をずっとキャンセルをくらっていて、私的にはあんまりいいイメージがなかった。

でもこのHDで彼女がすぐれたソプラノであること、そして美人であることをもう一度認識した。美しいソプラノは今でこそ沢山出てきたが、声は美しくとも、見た目が横に大きいソプラノが主流だった頃、ゲオルギューを見て、こんなきれいで歌も上手い人がいるんだ、と驚いたっけ。

ドアップでも美しく、本当に華がある。目がクリッとしたところが、女優のジュリア・ロバーツみたい。アラーニャも、ここ数年イマイチで、去年のドン・カルロで見事にかえり咲いたと思ったのだが、この時のアラーニャはなかなかよかった。

だけど、このオペラを昇華させたのは、この二人のケメストリーだと思う。

この頃はまだ二人は夫婦であった。

舞台では、アラーニャがゲオルギューを膝にのせながら、彼女の胸にチュッとキスをしてみせるような、夫婦や恋人同士でしかありえないようなシーンがあったりして、二人の親密さを垣間見せてくれた。
Met HD 5

劇中ではあるが、やっぱり二人のキスは、演技のキスとはちがうエネルギーが流れているように感じられた。
Met HD 7

最後、ゲオルギュー演じるマグダが、アラーニャ演じるルッジェーロにわかれを告げたとき、わかれないでくれと彼女に懇願するシーンでは、アラーニャは涙を流しながら迫真の演技で歌っていた。

マグダの真っ直ぐな心と、ルッジェーロの彼女を手放したくない気持ち。

当時は知らなかったが、彼らはこの頃別居中であったようだ。

いろいろな複雑な思いが重なり合いながら、舞台に自分達の人生も重ね、二人はこのオペラを演じていたのだと思うと、この舞台の持つ意味がさらに深く感じられる。

こういう舞台は創ろうとしてもなかなか創れるものではない。

胸がキュンとつまされるような舞台であった。


でもね、人生はやり直しがきく。わかれはその時はつらくても、自分がいい、と思ってわかれたのであればきっとそれがいいのであろう。そしてまた新しい展開が次に待ち構えているのだ。

わかれた後の二人だが、アラーニャは去年のドン・カルロですばらしい舞台を演じた。ゲオルギューも、いくつか舞台にたったてはいるが、キャンセルが非常に多い。プロの歌手ならば舞台に上がらないことにははじまらないのだが、プロとはいえ、(体調もそうだが)心がそうできないのであれば仕方がない。


今回のHDを観て思ったのは、やっぱり舞台っていいなぁ、ということ。

今年のオペラシーズンが、ますます楽しみだ。

*******************************************************

クリック募金をしています。1回クリックするだけで1円募金ができます。

JWordクリック募金


こちらもクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログキングへ

関連記事

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメント

いいな~

劇場でリアルタイム?で見てみたいけど~
劇場の前でやってるんですか~??

それも・・・
2800席も

無料なら毎日、観に行く~

日本で映画館でやってる時があるんですが・・・
3500円。
高い^◎^;

この前、メトではないけど見に行ったら~
寝てしまったんです~
悲しい(。>0<。)

Re: いいな~

劇場でリアルタイムで見る舞台は本当にいいものです。生のものですから、どんな舞台になるかは誰もわからない。ドキドキする感覚が好きです。

オペラシーズンが始まる前に行われる、このフリー・オペラHDは、シーズン前のオペラファンの気持ちを盛り上げてくれる効果があるように思います。こういう演出は素敵で、夏が終わるのは寂しいけれど、早くオペラのシーズンがはじまらないかなぁ、と私もすっかりオペラモードにスイッチが入りました!

METは、さらに幅広いそうの観客を得ようとフリーのオペラHDを上演しているのですが、とてもいいことだと思います。

> 無料なら毎日、観に行く~
ホント、そう思いますよね。太っ腹です(笑)。

> 日本で映画館でやってる時があるんですが・・・
> 3500円。
オペラ映画で3,500円なんですか。日本はエンターテイメントが気軽に楽しめる金額じゃないのが痛いですね...。

この前、メトではないけど見に行ったら~
> 寝てしまったんです~
あははっ。でも、いい音楽(かな?)を聴きながら、心地よく眠るのは至福なことだと思いますよ~。メトでもよく寝息やいびきの音が聴こえてくることがあります(笑)。ところで何をごらんになられたんでしょうか?
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR