Admin New entry Up load All archives
     

天候のアレルギー?

今朝、同僚が面白い記事を読んだと話しかけてきた。”寒さにアレルギーの人がいるんだって”

世の中いろいろなアレルギーがある。花粉症にはじまって、大豆、そば、甲殻類などの食べ物系、ネコの毛、蜂、ちり・ほこりのアレルギー etc...

アレルギーについて今まで聞いた中で、忘れられない話がある。随分と前になるが、ティーンエイジャーのカップルがいた。学校が終わった後、どちらかの家に遊びに行っていた。この二人がキスをかわした後、彼女が急変し、そして彼女は亡くなった。彼女がピーナツアレルギーであった。それを彼は知らなかった。この彼は、キスをする前にピーナツが入ったお菓子を食べていた。彼女は彼がピーナツ入りのお菓子を食べていたのを見ていなかった。

さて、この”寒さアレルギー”だが、確かにあるのだそうだ。この35歳の男性は、海で急に発病した。海で泳いでいたら、頭がクラクラし、洗濯物が縮むように手足が硬くなった。海からあがると手がむくみ、結婚指輪がはずせなくなった。そしていろいろと検査を得た結果、寒さに対するアレルギーを持っていることが判明した。

じゃあこういう人は、フロリダとかカリブに住めばいいんじゃない?と単純に考えたが、そうもいかないらしい。
冬はわかりきっているので十分気をつけているが、暖かい季節の方が危ないらしい。暖かい日が続き、その延長で急に肌寒い日が来ても、うっかり薄着をしていたりすると危険なのだそうだ。このアレルギーは、体中が寒さにさらされるのがよくないのだそうだ。

ということは、真夏にオフィスで働くのも無理?私の前の仕事場は、夏が本当に寒かった。アメリカ人のスタッフはちょうどいいか、暑い位だったようだが、私の机があったところは風があたり、妙に寒かった。来る人来る人、寒いですね、って言っていたくらいだ。それで具合を悪くしたことが何度かある。だから本当に申し訳ないのだが、足元にヒーターを入れてたこともあった。それこそ資源のムダである。

話がそれたが、この人の話だと一番困ることは、人に自分のアレルギーについて語ることだそうだ。つい最近娘を小学校に送っていった時のこと。早く着いたので、ビルに入り暖をとっていたら、親はビルに入ってはいけなく、外で待っていること、と注意された(アメリカの学校はどこもそうらしい)。なので自分のアレルギーの話をしたが、”皆そうなんじゃない?”と一笑されたそうだ。

私だってこの話を知らずに”寒さアレルギー”だ、って言われたら、きっと本気にできないだろう。東海岸の冬は厳しく長い。ここ最近ちょっと暖かい日が続いたが、明日からまた寒くなるらしい。私は寒さにめっきり弱いが、生死にいたるものではない。だから明日は、文句を垂れずにちゃんと帽子と手袋を持って、暖かくして外に出よう、と思った。
関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR