Admin New entry Up load All archives
     

マエストロ・アマト

金曜日の夜、友人と待ち合わせの時間にちょっと時間があったので、ぷらっと立ち寄った日系の古本屋さん。

前回日本でたんまりと本を買い込んだので、買うつもりはなかったのに、ある一冊の本を偶然見つけてしまった。

Amato Opera 1

この本は、アマト・オペラの創始者でオーナーであったトニー&サリー・アマトさんの生涯を綴ったもの。アマト・オペラはイースト・ヴィレッジにあった、100席ほどしかない小さな小さなオペラ・ハウスであった。(アマト・オペラについてはこちらをどうぞ)

随分と前にこの本のことを友人から聞いて、欲しいなぁと思っていたら、たまたま私が見ていた全く場違いのカテゴリーの本棚に、この本があった。

一瞬わが目を疑い、すばやく手に取り、そして迷うことなくレジへ。

そしてその晩タクシーで、これまたたまたまアマト・オペラの建物の前を通り、あ~まだ建物は残っているんだ~、と安心した。


さてこの本、一気に読みました。

知らなかったトニーさんとサリーさんの世界が書かれており、いかに彼らがオペラを愛し、オペラを愛する人々を愛し、そしてお互いを愛していたのかが綴られていた。

このオペラ・ハウスは舞台も小さく、歌手も一流でないのだけど、心にジーンと響かせてくれる舞台を見せてくれるオペラ・ハウスだった。

それはトニーさんの持つ、オペラの愛情がそうさせるのだろう、とずっと思っていたのだが、間違いなかった。


なんだかアマト・オペラが懐かしくなって、さっきちょっとグーグルしてみたら、トニー・アマトさんは昨年12月14日に亡くなっていました。

あ~そっかぁ。アマト・オペラが好きだった私に、彼のことを知らせようと何か目に見えない力が動いたのかもしれない。

私のオペラについての見方、考え方をガラリと変えてくれたオペラ・ハウス。とても温かい空間の小さなオペラ・ハウスで観るオペラは、いつも人々の愛に満ちていた。


トニーさん、素敵なオペラを本当にどうもありがとう。

きっと今はサリーさんと一緒にオペラのアリアを口ずさみ、二人でオペラの話を思いっきり楽しんでいることだろう。


5月にアマト・オペラを引き継いだAmore Operaの椿姫を観に行こうかなぁ、と考えている。

************************************************

クリック募金をしています。1回クリックするだけで1円募金ができます。

JWordクリック募金


こちらもクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR