Admin New entry Up load All archives
     

ペルー&ボリビアの旅 <旅の準備編>

<ペルー&ボリビアの旅 旅の準備編>

インカ・トレールを歩く!と言ったら、何人かの人から、実は自分も考えていた、行きたい!という人が結構いました。その方達のために、今後の旅の参考になれば、と思い、旅の準備編を記載しておこうと思います。(っていうか、後で聞かれたときのために書いておこう、っていう魂胆です)

今回の旅は、全くの個人旅行、個人手配でした。全て自分で行程を立て、一つひとつブックしました。いろいろなサイトで様々なツアーなどが紹介されているため、どれを選んでいいのか参考になるように、いくつか私の選んだ現地ツアーやポイントなどをここに挙げておきます。

<インカトレール・トレッキング>
Machu Piccu 3

現在インカトレールを歩くのは、許可を得ている会社が主催するトレッキングツアーに参加するしか方法がありません。数多くあるトレッキング会社の中からどのトレッキング会社を選んだらいいか、選ぶのは悩むところ。

私はまず、インカトレールについて、こちらのサイトを参照にしました。このサイトは、インカトレールについて、詳しい情報が書かれており、まず旅の準備編として、どうやってツアー会社を選んだらよいのかを考えるのにとても役に立ちました。

そしてこのサイトのページで紹介されている数社を見比べました。(Inca Trail Operators

インカトレールは、1日、2日、4日、7日と、いろいろなツアーがあり、もっともポピュラーなのはオリャイタイタンボからクスコまでを歩く3泊4日のツアー。私もこれを選びました。

私が選んだのは、Peru Treckという会社。ここのWebsiteは説明がとても詳しく、3日目のキャンプサイトがWiñay Wayna でほとんど予約が取れているという実績やポーター育成なども行っていることなどから、運営内容に共感がもてたためです。

他の会社はわかりませんが、かなり早くにSold Outになってしまうため、行く時期を決めたら早く予約しないといっぱいになってしまいます。私の場合は8月末のツアーを4月に予約しました。(それでもギリギリセーフでした)サイトには、どの出発日はまだ空きがあるという情報が出ており、随時アップデートされているので、行くことを決めたらサイトを見て日にちを決めるといいと思います。

ちなみにトレッキングをするなら4月から10月の乾季がベストシーズンだそうです。

Peru Treks

<ワイナピチュ>
マチュピチュのバックにそびえ立つ、形のいい山がワイナピチュ。ここを登ることは可能です。
Machu Piccu 4

インカトレールのトレッキングの後、最終日にグループと別れてマチュピチュ村へ泊まり、翌日にワイナピチュに行くことにしました。ワイナピチュ登山は私にとっては今回の旅のMUSTのイベント。過去2回マチュピチュに行っていますが、2回ともワイナピチュには登らなかったので、今回これは私にとってMUST to do! でした。

昔は必要なかったのですが、現在ワイナピチュに登るには、事前予約が必要です。時間制で朝7:00~8:00まで入場(下山は10時まで)と、朝10:00~11:00までに入場(下山は13時まで)、それぞれ200人づつの入場制限があります。

このチケットは早く売切れてしまうこともあるため、私も早くチケットを取ろうと手配をしました。
...が、このチケット手配に大苦戦をしました。

本来ならば個人でチケットを予約できるはずなので、私も自力で予約を取ろうとしました。

個人でチケットの取り方は、この方が大変詳しく書いていらっしゃるので、こちらをご参照ください。

この要領で私もチケットを予約し、ナンバーを入手し、ビザカードで支払いを済ませようとするのだけれど、私の場合はビザカードの支払いではじかれてしまいました。ナンバー取得後6時間以内に支払いをしないと予約番号が消されてしまうのですが、何度やってもダメ。

そこでペルーの当局にメールをしたところ、とても丁寧なメールが帰ってきました。それによると、”外国人がビザカードで支払う場合、不正やトラブルが多く、現在は外国在住のビザカード支払いは受け付けていません。サイトにAGENCYの名前があるので、そこに問い合わせてみて下さい”とのこと。

ところがサイトのAgencyをウエブで調べると、全てがスペイン語。これじゃあ予約ができないっ。

途方にくれていたところ、日本語のこちらのAgencyを見つけました。

事情を説明し、だめもとでワイナピチュのチケットを手配いただけないかとメールをしたところ、私のようなお客が急に増えたそうで、本来はパッケージの一部としてしか受け付けていないとのことでしたが、チケットの手配をしていただきました。(もちろん手数料はかかります)

本来ならばバスや他の手配も一緒にお願いするべきだったのですが、他の手配はほとんどすんでいたので、大変申し訳なかったです。

対応も早く、宿泊を伴うさまざまな行程の手配もされているようですので、今後はこちらにいろいろとお願いすることも手かもしれません。


<クスコからプーノへの移動>

クスコ-プーノ間は、トレインとバスの選択があり、どちらも時間的に似ています。が、トレインはお値段が高く、バスは安価なのと途中観光がいろいろと付いていることから、私はバスの異動を選びました。

クスコープーノ間のバスは数社が運行しており、サービスや価格が似ています。こちらのサイトでは、価格やサービスの比較がありとてもわかりやすく、これを参考にして決めました。

ちなみに私はInca Express社を選択。この会社がこのルートの一番老舗のようです。2012年9月の価格で$50/pp。サイトから予約を入れるとメールが来て、ペイパルのリンクが送られてきます。(ペイパルで支払うとさらに$5の手数料が必要です)支払い終了後、Transaction#、名前、パスポート、滞在ホテルを伝えると、前日ホテルへバスチケットが届けられるというしくみです。

<プーノからボリビアへ>

プーノからボリビアまでは、バスで2ルートあり、結構安価で移動できます。が、欲張りな私は、どうしても途中”太陽の島”によりたくて、私の予算からするとかなり高かったのですが(泣)、プーノからボリビアのラパスまで一日で移動でき、しかも”太陽の島”へ寄れるこのツアーを利用しました。

他にまた思い出したら書き足していこうと思います。


**************************************************

ランキングに参加しています。 ポチッ、と押していただくと励みになりま~す。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

読んで下さってありがとうございますv-266

インカ・トレールはグランド・キャニオンの谷底へ行くトレッキングより2倍も3倍の大変でした。標高が高く、一番高いところで4,200m!! こんなところをバックパックをしょって歩くんですから大変なはずです。この話は後日ブログに書きますね~。

ところで携帯を買うのに立って...って、もしかして"i phone 5"を購入ですか~?

ワイナピチュはマチュピチュより250m高い山です。が、登るとかなりの急勾配!さらに私は遠くまで行ったので大変でした。この話もまた後日。

楽しみにしていて下さいね~。

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR