Admin New entry Up load All archives
     

アメリカ自然史博物館 「シルクロード展」

昨日は知り合いがストリート・フェアで店を出していたので、ちょっと顔を出しにアップタウンまで出かけた。

ハンディ・クラフトのフェアで、道を閉鎖しているのではなく、歩道を使って4ブロックくらいのフェアだった。
Street Festival

ジュエリー、バッグ、絵、陶器、衣類など、いろいろな種類のクラフトの店が並んでいた。

このストリート・フェアがアメリカ自然史博物館のすぐそばで行われていたため、前から見たかった「シルクロード展」を見に行くことにした。

ハンサムな入り口は、この通り工事中。
American Natural History

この建物の中に入ると、大きな恐竜の化石が出迎えてくれる。
American Natural History 3

American Natural History 2

で、「シルクロード展」はどうだったかというと、期待はずれ。シルクロードの拠点地であったXi'an、Turfan、Samarkand、Bagdadの4つの街を中心に、キャラバン隊がどのように旅をしたのか、どんなものを運んだのかが展示されていた。

私はもう少し豊富な展示物を期待していたのだが、ちょっとイマイチで、ディスプレイの仕方もあまり好みではなかった。残念。

シルクロードを旅するキャラバン隊は、通常徒歩で6ヶ月ほどをかけて旅していたそうだ。山あり(それも高山!)、砂漠あり、寒暖の差は摂氏50度からマイナス45度ほどあったらしい。そして道中、盗賊やら危険な目にもあったことだろうし、大変な思いをして旅していたのだと思う。

私は砂漠での寝泊りの経験や、高度は4000m近くまで体験したしたことがある。砂漠の砂塵の苦しさ、空気の薄いところでの大変さは身を持って体験している。でもその体験を持ってもこの旅の過酷さがどれほどだったかは語れないと思う。

彼らが運んだものは、スパイス、シルクや毛皮などの衣料、医薬品、陶器やガラスなどさまざまなものだ。それと同時に沢山の文化も運んでいった。

らくだは重いものを運べるし、水を飲まなくても大丈夫な動物なので(展示では長くて15日間飲まなくても大丈夫だと書いてあった)シルクロードの旅に重宝された。

もう少し展示物がきれいに沢山あったら、もっといい特別展になっただろうにと思う。けれど、この気の遠くなるような旅に思いを馳せ、ロマンを感じるだけでも、いい時間を過ごせたと思う。

**********************************************************************************************************

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR