Admin New entry Up load All archives
     

スポンサー・チャイルドのヨランダちゃん

ペルーとボリビアの旅では、いくつかのハイライトがあった。

その一つがヨランダちゃんと会うことだった。


私は5年ほど前からある団体を通じてチャイルド・スポンサーをしている。

旅が好きな私はいろいろな国を旅して、様々な国々で様々な人々と暮らしを見てきた。その中には過酷な状況の中で暮らす人々の姿もあった。でもそこに住む子供達の笑顔や飛び回る姿に元気をもらったり、心を打たれたことが多々あった。


私に何か出来ることはないか。

そんなふうに考えていた矢先にこの団体のことを知り、まず自分でできることからはじめよう、とチャイルド・スポンサーになったのがはじまりだ。


その子の名前はヨランダといい、ペルーに住んでいる。

今回ペルー行きを決めた時、もしかして彼女に会えないかと思い調べてみると、彼女はクスコに比較的近い地域に住んでいることがわかった。さっそく連絡を入れ、面会をリクエストした。


ずっと写真でしか見たことのなかったヨランダちゃん。写真と年1回来る手紙が唯一の彼女の存在を確認できる手段だったが、実際の彼女に会える! 彼女の存在が現実味を増してきた。


彼女の住んでいる地域は”Calca”と言い、クスコから車で1時間半ほどの場所。
Yolanda 1

でも彼女の家や村に行くのではなく、この団体のオフィスで会うことになっていた。
Yolanda 2

後で知ったのだが、実は彼女の家はCalcaの町から車で一時間ほど走り、その後一時間ほど徒歩で山を登った標高4000mのところにある。

今回私に会うために、オフィスのスタッフが彼女の家に行き彼女と彼女の家族をピックアップしてくれて、今回の面会が実現したのだった。

インカトレールの前に標高4000mを歩けと言われたら、倒れていたかもしれない。


オフィスに着いてしばらくするとヨランダちゃん家族が到着した。

ヨランダちゃん(12歳)、お父さん、お母さん、そして2人の弟(フランコ君8歳、ロニィ君4歳)が一緒に来てくれた。彼女にはお兄ちゃん(17歳)がいるそうだが、用事があって来れなかったのが残念。


自己紹介をした後、まずはこの団体がCalcaの地域でどのような活動をしているのかを説明してもらった。

”Calca”リージョンでは、3,500人の子供達がスポンサーシップのレジスターをしている。そのうち2,000人の子供がスポンサーを得ているのだそうだ。

じゃあスポンサーのいない1,500人の子供はどうなるのか?

私が月々送っているお金は全額スポンサー・チャイルドに行くのではなく、この地域に集まったお金を集めて、レジスターをしている子供達の学用品や学校&町の支援に使われているのだそうだ。だからレジスターしている子供達にはスポンサーが付かなかったとしても、ちゃんと支援はしてもらえるとのことだった。もちろんスポンサー・チャイルド宛に送られたギフトなどは彼/彼女等に行くのだそうだ。

この団体は、政府や他の団体が支援していない地域で、団体の理念に協賛してくれる町や村と提携を結んでいる。Calcaでは16年計画で支援をしている。基本は子供達への支援で、学校教育の向上のため、学校の設備、先生や親の教育、子供達の学用品などを提供をしている。

また農業や家畜の飼育の仕方を教え、定期的に収入が入る方法を教え、経済的に安定する支援もしている。経済的に安定することで、子供達が学校へ通うことができるようになるためだ。

彼らが目指すのは町や村の自立で、16年経ってこの団体との契約が終わったときに、町が自立して運営できるように、町や村のリーダー、学校の先生、親を教育し、最終的に子供達に十分な教育や生活の場が提供できるように支援しているということだった。


説明後、持参したお土産をヨランダちゃんに渡した。

毛布が欲しい、というリクエストをもらっていたので毛布、それに学用品、食べ物などを渡した。
scan0002.pdf-pages 2

一番末の男の子のロニィちゃんは、毛布を触った後、ほっぺたにこすり付けてニッコリ笑ってくれたのがうれしかった。

そして私はヨランダちゃんのお母さんが手染め&手織りをしたスカーフをいただいた
scan0001.pdf-pages 3

とても優しくキレイな色合いで、温かいぬくもり。大切にします。

(ちょっと長くなったので、つづく)

**************************************************

ランキングに参加しています。 ポチッ、と押していただくと励みになりま~す。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




関連記事

テーマ : ペルー
ジャンル : 旅行

コメント

こんにちわぁ( ^-^)ノ(* ^-^)ノ

素敵な活動ですね ^^

Re: こんにちわぁ( ^-^)ノ(* ^-^)ノ

ベッキーさん、コメントありがとうございます。

先日書いたペルーの首都リマは、近代化が急速に進みハイライズのビルディングが雨後のたけのこのように建ち並んでびっくりしましたが、それと比べるとペルーの田舎は15年前とあまり変わっていないように見受けられました。

素朴な生活は、それでいいと思います。でも子供が読み書きが出来るようになり、世の中で起きていることが理解でき、自分なりに判断する材料を得られるようになること、家畜の飼い方を知り、安定した収入が入るようになること、などは大事なことではないかと思いました。

何より今回は写真でしか見たことのなかったヨランダちゃんと会い、今まで知らなかった世界を自分の目で見て、知ることができたことは私にとって大きな経験でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

そうですか。似たような活動をされていたんですね。
おっしゃるとおり、人は支えているようで支えられて生きているんですよね。私も今回の訪問でいろいろなことを学びました。

でも写真だけの子に実際に会って話を聞けたのはやはり違いました! 本当に彼女は存在していて、私が送ったカードなどを受け取っていたんだ、ということがわかり、なんか今までしてきたことに現実味を感じました。

ヨランダちゃんファミリーからいただいたスカーフは宝物ですv-344

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR