Admin New entry Up load All archives
     

映画 「アルゴ」

秋になり、面白そうな映画が目白押し。

映画「アルゴ」は、1979年イランで起きたアメリカ大使館人質事件で実際に起こった救出作戦を描いた映画。
Argo 1

監督、制作、主演をベン・アフレックが勤める。

1979年11月4日、イランのテヘランでアメリカ大使館に暴徒がなだれ込む。52人が人質となるが、外交官6人は騒ぎの最中に脱出に成功。カナダ大使公邸に逃げ込む。

当初イラン側は6人の脱出に気付かなかったものの、存在がわかるのは時間の問題であった。

CIAは人質救出の専門家トニー・メンデス(ベン・アフレック)に6人の救出をゆだねる。

イラン革命が激化し、反米感情が高まるテヘランは、アメリカ人がイランに入国することすら出来ない状況下。それをどうやって6人を救出するのか。

そこで彼は奇想天外な脱出方法を思いつく。

架空の映画製作のためにカナダ人クルーがイランに入ったと見せかけ、6人を撮影クルーとして出国させるというもの。

”the best bad idea(悪いアイデアの中の最高のアイデア=これ以上ないアイデア)”のため、ハリウッドへ行き、CIAの協力者のアドバイスに従い、脚本探しがはじまる。
Argo 2

かくして架空の制作映画は「ARGO(アルゴ)」というSF映画に決まる。

大掛かりなプレスイベントも行われ、メンデスはイランに入国。カナダ大使館に隠れる6人と会い、作戦を伝え、出国のシナリオを彼らに伝える...。
Argo 3-1


実に速いテンポで映画は進み、緊迫感がずっと漂う。

実話だというのがスゴイ。

こんなことをやってのけよう、というアイデアもスゴイけど、作戦のためプレスイベントまで開き、作戦を遂行する、とはアメリカだ。


人命を救うため、リスクを背負って自分がいける!と信じた道を追求し、それを具現させようと決意した男と、彼の意思と決断を極限の状況でサポートする人たち。強い意志と決断したことをやり遂げようとする人たちのマインドパワーが働いたファインプレー。

最後の最後までドキドキもの。

なかなか見ごたえのある映画でした。

**************************************************

ランキングに参加しています。 ポチッ、と押していただくと励みになりま~す。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR