Admin New entry Up load All archives
     

新しくなった「バーンズ・コレクション」

デラウェア川にかかるBenjamin Franklin Bridgeを渡ると、
Barns Collection 1

フィラデルフィア。
Barns Collection 2

先週のイースターウィークエンドに、フィラデルフィアに出かけてきました。

目的は、フィラデルフィア郊外メリオンにあったバーンズ・コレクションが、フィラデルフィア中心部に移ってきたので、新しくなったバーンズ・コレクションを見ること。
Barns Collection 4

場所は、フィラデルフィア美術館の目と鼻の先、Benjamin Franklyn Parkway沿い。
Barns Collection 3

かつてライバルのような存在だったフィラデルフィア美術館のそばにバーンズ・コレクションが移ったことになる。

建物は、とてもモダンなつくりの、
Barns Collection 5

堂々とした佇まい。
Barns Collection 6

以前は週4日のみオープン、完全予約制で、入館人数に制限があったが、新しいバーンズ・コレクションは、週6日オープン(火曜休館)。

かなり緩和されているが、念のため予約をしていった。予約は時間ごとにくぎられており、かなり早めに予約しておいたのだけど、3週間前で既に朝の分はSold Out。私たちは昼からの予約をしておいたのだけど、当日は入り口にこんなたて看板が。
Barns Collection 13

折角行ったのに、当日入れなかった、なんてことがないように、これからバーンズ・コレクションに行こうと思う方は、予約をしていったほうがいいかも。


さてさて、バーンズ・コレクションはどんなところかというと、アルバート・バーンズさんというおじさまの、個人コレクションを展示した美術館。

な~んだ、個人コレクションか、なんてあなどることなかれ。

ルノアール181点、セザンヌ69点、マティス59点と、個人のコレクターとしては度肝を抜くすごい数のコレクションを持つ。

この半分のコレクションでもそこそこ大きい美術館でもかなわないくらい、ものすごい秀作をた~っくさん抱えている偉大な美術館なのだ。

アルバートさんは1951年に交通事故で亡くなられ、彼の意思を引き継いだバーンズ財団が、メリオンにあるバーンズ・コレクションを運営していたのだけど、住宅地にあるあったため、地域の住人が沢山人が訪れることをこばんだため、1日の入場に制限がつけられ、なかなか行きづらい環境にあった。

で、バーンズ財団の経営上の問題もあり、今回フィラデルフィアにバーンズ・コレクションが移転となったが、いろいろと問題があった。

バーンズさんは手持ちの絵画を彼独自の展示方法で飾っていた。

そして彼の遺書には、それを動かしてはならない、と書かれていた。

...新しいバーンズ・コレクションはどのように展示されるのか?

これが我々が最も心配し、懸念していた点であった。


これがですね~、実によ~く考えられて作られていました。

前のバーンズ・コレクションを、この大きな建物がまるごと包み込んだ、という造りになってました。


バーンズ・コレクションに入ると、まず驚くのが一番目のお部屋。
(館内は撮影禁止なので、サイトから写真をお借りしています)

まず入って左手には、どでかいスーラーの絵がかかっていて、その下にはセザンヌのカード遊びをする男たち。
Barns Collection 14

入り口の壁一面にはルノアールがこれでもか、これでもか、とてんこ盛り。

その他、ピカソ、セザンヌ、モネなどが盛りだくさん。

最初の部屋だけで小さな美術館ができちゃうだろう、っていう位、美術作品がどっさり。

で、メリオンで観たまんまで飾られていました。

しかも照明がよくなっていたので、かなり作品が観やすくなりました。これは嬉しい!

どの部屋も展示数がすごく、各絵には説明書きはないので、各部屋には下手するとすごい絵を見逃しちゃうくらい。

ただし部屋ごとに、どの絵が誰の作品かが書かれた、ラミネートされたシートがあるので、それを見ながら鑑賞すると、見落としが減るかも。

相変わらず絵と絵の間には、おたまだの、鍵だの金具が並べ立てられ、バーンズさんの美意識がそのまんまになっていました。
Barns Collection 15

懐かしい絵画たちと再会でき、たっぷりとすばらしい絵を鑑賞しました。


そうそう、新しいバーンズ・コレクションンには素敵なレストランが併設されてました。
Barns Collection 7

モダンな内装で、春になったらお庭もオープンされるみたい。
Barns Collection 8

ここでいただいたマッシュルーム・スープ。
Barns Collection 9

 ”Kennetts Square Mashroom Soup”とメニューに書かれていて、ペンシルバニア州にあるKennetts Squareで採れるマッシュルームは定評があるので試してみたのだけど、これがものすごくおいかった!

マッシュルームの歯ごたえが若干残っていて、香がいいしコクが違う!これは絶品でした。また食べたい!

こちらはキッシュ
Barns Collection 11

チキンサンドウィッチ
Barns Collection 10

レストランは断然グレードアップされてました!

新しいフィラデルフィアのアトラクションに加わった、バーンズ・コレクション。
Barns Collection 12

もしフィラデルフィアに行かれるなら、是非足を運んでみてください。

The Barns Foundation
2025 Benjamin Franklin Parkway
Philadelphia, PA 19130

**************************************************

ランキングに参加しています。 ポチッ、と押していただくと励みになりま~す。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



関連記事

テーマ : アメリカ
ジャンル : 旅行

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんにちは。

ここはフィラデルフィア美術館のすぐそばで、ロダン美術館の隣にあります。
あ~っと、ここは有料で、一人確か$22でした。ちょっと高いですが、みごたえはあります。よくもこんなに沢山の美術品を集めた、というか、彼の先見の目は驚くものがあります。

> フィラデルフィアの名物といえばチーズステーキ?でしたよね?
はい。そうです。この話もまた後日書こうとおもってます。

Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR