Admin New entry Up load All archives
     

ロッシーニ オペラ「Armida(アルミーダ)」

Metのオペラシーズンも今週末で終わり。

来シーズンがはじまる9月末までオペラはしばらくお休みになる。

火曜日に今シーズン最後のオペラを観に行った。演目はロッシーニの「Armida(アルミーダ)」。

Armida 3

このオペラは、今シーズンMetが力を入れていたオペラで、1817年に作曲されたオペラだが、なんとMet初演。主演はルネ・フレミング。なのでとても期待感を持っていた。

<ストーリー>
舞台は第一回十字軍のエルサレム。ダマスカスの女王で魔女のアルミーダは、十字軍の勇士リナルドに恋している。
リナルドを自分の手元に置くために工作をし、思惑が成功し、リナルドが勇士の長の後継者に選ばれる。しかし自分が選ばれなかったことを妬むジェルナンドと決闘になる、リナルドはジェルナンドを殺してしまう。

二人は森に逃走する。アルミーダは魔法で辺りを美しい快楽の宮殿に変え、妖精たちにバレエを踊るように命じ、リナルドは愛に溺れる。

十字軍のカルロとウバルドがリナルドを救いに現れる。リナルドは現実に目覚め、彼らの勧めにしたがい森を出て戦場に戻る決心をする。リナルドがいなくなったことに気付いたアルミーダは彼を追いかける。彼に追いついたアルミーダは、行かないでくれと懇願する。心を動かされそうになるが、リナルドは騎士である自分は戦場に行かなければならないと彼女に言う。リナルドを失ったアルミーダは怒り、本性を現し、復讐を誓い、快楽の宮殿を焼き尽くす。


何故このオペラが滅多に上演されないのか。

とても難しいのだ。

まずソプラノ。ルネ・フレミングがよくもこの役を演じることを決心したな、と思う。彼女が歌ってくれたから私たちもこのオペラと出会えたわけだ。とにかく歌が難しい。すごい技巧がいる歌ばかり。このオペラでは、女性はソプラノ一人きり。なので彼女はほとんど出ずっぱり。ずっとコロコロと変わる難しい曲を歌わなければならない。さらにこの役は、とても感情的な役なので、表現力、演技力も要求される。

さらにテノール。このオペラ、ロッシーニが歌えるテノールが6人も必要なのだ。どの役も難しい曲がついてくる。だからそれなりのレベルの人でないと歌えない。そんな6人を集められるのがMetだからこそこのオペラの上演が可能になったのだろう。また、テノールの三重唱もあった。(なんという贅沢!)

難しいのは歌手だけではなかった。オーケストラも大変で、ソロ楽器が沢山でてくる。だからオーケストラの各人のレベルの高くなければ大変なことになる。

さて、このオペラ、2幕目にバレエのシーンがあるのだが、このシーンの前評判が高かった。兵士が妖精たちに魅惑されていくさまを描く。アルミーダの魔術で自分を失うリナルドと重ね、夢と現実、幻想と悪夢、二つの間をさまよう様子をバレエで表現する。とてもよかった。

演出はMary Zimmerman。Met3作目なのだが、数年前の「ランメルモールのルチア」はとても良く、次の「夢遊病の女」では斬新な演出をして私的にはピンとこないものであった。「アルミーダ」はどうだったかというと、よくもなく悪くもなく、So-Soであった。ストーリーの軸となっている現実と幻想をファンタジーっぽく演出しているのだが、斬新さとかに欠け、すごい!という感じではなかった。

衣装はよかった。特に2幕目の地獄の王子とデーモンたちの衣装はバッドマンのキャット・ウーマンのような衣装が面白かったのと、バレエの衣装もとてもよかった。バレエでは、男性はトルコのダービッシュを思い出させるような衣装で、女性はイスラムっぽい衣装。ルネ・フレミングのドレスも素敵だった。

Armida 2

また、ストーリーを通して出てくるサイレント・キャラクター(せりふのないキャラクター)が気に入った。”Love(愛)”と”Revenge(復讐)”のキャラクターだ。要所要所で彼女/彼が出てきてアルミーダの手助けをする。リナルドとの愛の日々は、所詮本心からの愛情ではなく、操作された愛情であった。長く続くはずはない。最後のシーンで、呪縛から解け現実に目覚めたリナルドは、本来の自分に戻り、アルミーダを置き去りにして戦場へと赴く。自分よりも戦いに行くことをとったリナルドにアルミーダは怒る。

そこで”愛”と”復讐”のキャラクターが出てきてアルミーダの心の内を表現する。最後に勝ったのは”復讐”であった。

終わり方が、今のハリウッドだったら第二弾を予告するような終わり方だった。私は復讐を選んだアルミーダが、この後どうなったのか、とても気になる。

人は人を縛ることは出来ない。彼女はそこで本当の愛とは何かに気付くべきだった。だけど彼女は憎むことを選んだ。

Armida 4

観た後の率直な感想は、あまりにもいろいろ満載過ぎて、消化不良といった感じ。2回目に観たら、もっと落ち着いて見所を押さえて楽しめるのでは、と思う。

でもこういうオペラを上演するMetには本当に感謝。いいシーズンの終わりであった。

<感想番外編>
アルミーダはとても感情的なキャラクターなのだが、ルネ・フレミングだとどうしても高貴な女王になってしまう。マリア・カラスだったらすごいことになっていただろうなぁ、と思った。彼女のセダクション、そして男に懇願するシーン。背筋がぞっとするような舞台だったのでは?

調べたら、マリア・カラスのレコーディングがあるようだ。いつか聴いてみたいと思う。

でもこれは舞台で是非観てみたかった。。。

*********************************************************************************************************

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメント

No title

Met初?
結構やりつくしていると思ったんですけどね。

衣装・舞台演出が楽しそうです。

hih

Re: No title

そうなんですよ。これだけのオペラを上演していてもMet初、っていうのがまだまだあるんですね。

来年も2つもあります。

だから毎年通うことになるんですね。嬉しい悲鳴です。
Secret

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
マンハッタンを眺めながら、ニューヨークの出来事、映画、音楽、おいしいもの、旅の話などを徒然と綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

Twitter...

Categories...B

openclose

コンパクト月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも一覧


Mackdadyz Golf & Hot spring Blog ... Season 4 @Hokkaido ...

美肌ケアとニューヨークコスメ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR